法務博士の河瀬季とニシムラミカがファッションと法律を考えるサイト「FASHIONLAW.JP」

ブランドを立ち上げるなら最初に「商標」を取るべき3つの理由

ブランドを立ち上げるなら最初に「商標」を取るべき3つの理由の画像

「Fashionsnap」も商標登録済み。自分のブランドやショップ、メディアなどを立ち上げて独立したい......と考えている人は、まずは最初に「商標」を押さえるべきだ。
「商標」とは、商品やサービスに付ける標章のこと。平たく言えば、「COMME des GARÇONS」や「VIA BUS STOP」や「Fashionsnap」のことだ。「COMME des GARÇONS」ロゴの入った服を勝手に作って売ったら「パクリ」だが、これを「法律的にも違法」としているのが「商標」なのである。そして、「商品やサービス」と言われると「洗剤」とか「旅行代理店」といったものをイメージしがちだが、服や小物も「商品」だし、Fashionsnapのようなウェブサイト(における情報提供など)も「サービス」だ。ブランドやショップ、メディアを立ち上げる場合の、その名称のことを「商標」と言うのだ。

「人気が出てから考える」では遅すぎる

「商標」を登録せずにブランド等の立ち上げを行ってしまうと、せっかくそのブランドが売れてきた時に「パクリ」を作られてしまう。......と、ここまでなら、理解している人も多いはず。そして、「だから、ブランド等を立ち上げて、売れてきたら『商標』のことも考えないとな」と思っているかもしれないが、それは間違いだ。「商標」を考えなければいけないのは、ブランド等を立ち上げる、その前からなのである。

理由1:既に同じ名前のブランド等が存在するかもしれないから

例えば洋服ブランド名を「商標」として出願し登録されると、他人は同じブランド名で服を売ることができなくなる。
言い換えると、もし他の人が既に同じブランド名で商標登録を受けていた場合、服を売れなくなるのは自分だ。せっかくブランドを立ち上げ、洋服を作ってタグを付け、その後に「しまった、既に他の人が!」となったら目も当てられない。

理由2:「同じ名前の洗剤がある」でもNGかもしれないから

「COMME des GARÇONS」は洗剤を出していないけど、しかし赤の他人が勝手に「COMME des GARÇONS」洗剤を出したらマズそう......というのは、直感的にも理解できるだろう。
例えば洋服ブランドが商標登録を受ける場合、作れなくなるのは、基本的には「同じ名前の洋服ブランド」だ。しかしそれ以外のジャンルのブランドも、作れなくなる場合がある。
逆に言えば、例えば洋服ブランドを作る場合、調べなければならないのは、「同じ名前の洋服ブランドがないか」だけではない。他のジャンル......例えば洗剤ブランド(「花王」といったメーカー名、「ソフラン」といった商品名が商標登録されている)などについても、調べなければならないのだ。

理由3:「商標を買い取れ」と多額のお金を要求されるかもしれないから

「商標」の登録は、基本的には早い者勝ちだ。つまり、Aさんが商標登録を受けずにブランドを立ち上げ、売れてきたところでBさんがそのブランド名で商標登録を受けると、ブランド名を利用できるのはAさんではなくBさんだ。Bさんは、「そのブランド名を利用し続けたかったらお金を払え」とAさんに求めることができてしまう。

kawase_20140321_02.jpg


「現在どんな商標が登録されているか」という情報は、「商標出願・登録情報」などのサービスで検索できる。ブランドやショップ、メディアの立ち上げを考えている人は、立ち上げ前に、まずはその名称を検索してみよう。

(執筆:河瀬季 / 監修:ニシムラミカ)