法務博士の河瀬季とニシムラミカがファッションと法律を考えるサイト「FASHIONLAW.JP」

アップルに無断で「iPhoneユーザー用ジーンズ」を販売していいのか?

アップルに無断で「iPhoneユーザー用ジーンズ」を販売していいのか?の画像

「WTFJeans」というブランドが発売している「WTFJeans3」は、iPhoneユーザー用ジーンズ。どういうことかというと、iPhoneを入れるのにピッタリなポケットがあって、ポケットの裏地はマイクロファイバーだから出し入れの度に画面をキレイにしてくれて、さらに防水だから雨で多少濡れてもiPhoneが壊れない(参考:iPhoneユーザー専用デニムブランドから新モデル登場 | Fashionsnap.com)。
「iPhoneユーザー用」ということで、「WTFJeans」ブランドを知らなかった人にも「お」と思って貰える、なかなか「上手い」商品だと言えるだろう。

(画像は「WTFJeans: Hi Tech Smartphone Jeans」のスクリーンショット)

「iPhoneユーザー向けアパレル」で一発当てるチャンス?

しかし、「まだあまり有名でないブランドでも、『iPhoneユーザー向け』を謳えば、iPhoneユーザーに対して商品を訴求することができる」と考えると、「立ち上げ間もないブランドでも一発当てるチャンスがある!」という気がする一方、何か「問題」があるような気もしてくる。
こうした商品開発や宣伝方法は、果たして法律的に問題ないのだろうか?

「iPhone対応」なファッションアイテムを作ること

まず、こうした製品を作ること自体は、合法だ。......今回の「iPhoneユーザー用ジーンズ」も、商品自体を冷静に見れば、単に「iPhoneと同じサイズのものを入れるためのポケットがあるジーンズ」「裏地がマイクロファイバーなポケットがあるジーンズ」という物に過ぎない。

その商品を「iPhone対応」と宣伝すること

Appleは、「iPhone」という言葉について商標権を持っている。
ただ、ちょっと分かりにくいが、「商標権」とは「『iPhone』と言うな権」ではない。「Appleが『iPhone』商標を持っているから、他のアパレル企業などは『iPhone』という言葉を一切使ってはいけない」......というわけではないのだ。
商標権は、それっぽい言い方をすると、「『出所識別機能』などを守る権利」だ。どういうことかというと、例えば「iPhone Jeans」という商品名でジーンズを発売すると、それを見た人は「Apple公式/公認のジーンズかな」と思ってしまう。商品の「出所」を正しく「識別」することができなくなってしまう。「このような使われ方をさせない権利」が、「商標権」だ。
つまり逆に言うと、「Apple公式/公認のジーンズかな」と思わせない使い方ならOK。商品説明として「iPhoneユーザー用ジーンズ」と記載することは、商標権の侵害にはならない。

商品説明写真にiPhoneを写すこと

「WTFJeans3」の商品紹介ページには、iPhoneが写った写真も掲載されている。

iPhonepants_20140512_02.jpg


「これはダメだろ!」......と思うかもしれないが、実は、これも合法だ。
例えば、ドラえもんのぬいぐるみの写真を勝手に掲載すると、「著作権」の侵害になる。しかし、「iPhoneの写真を勝手に掲載すること」は、これとは異なる。
この話は、実は法律学的に少し難しい問題なのだが、

・漫画など広い意味での「美術」に属するもの → 著作権法の保護対象
・工業製品などの大量生産品 → 著作権法の保護対象ではない

と考えられているのだ。だから、iPhoneは著作権法の保護対象ではなく、「iPhoneの写真を掲載すること」は著作権侵害にはならない。

粗悪品が登場する可能性と「Apple公認」

このように、「iPhone用」の製品を開発して販売することは、基本的に自由だ。これはアパレルに限らず、「iPhone用ケース」「iPhone用ケーブル」などの場合も同じ。
そうなってくると、どうしても価格競争が起こり、中には粗悪品も出てきてしまう。Appleとしては、粗悪品が出回ってiPhoneのイメージが下がるのは避けたいところだろう。
......ということで出てくるのが、「Appleが公認した製品だけが、付けることを許されるマーク」というものだ。iPhone用ケーブルなどに付けられている「Made for iPhone」はこれ。


iPhonepants_20140512_03.jpg

iPhone用アパレルも、いずれ大人気になって、様々な国の様々なブランドから発売されまくるようになると、「Made for iPhone」を取得できるアパレルブランドと、取得できないアパレルブランド、なんて区別が出てくる。......かもしれない。

(執筆:河瀬季 / 監修:ニシムラミカ)