法務博士の河瀬季とニシムラミカがファッションと法律を考えるサイト「FASHIONLAW.JP」

オークションの「ノークレーム・ノーリターン」従う必要はあるか?

オークションの「ノークレーム・ノーリターン」従う必要はあるか?の画像

ヤフオクなどのネットオークションでは、洋服などの出品物に対して、「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」などと記載されていることがある。こうした「ノークレーム・ノーリターン」に、従う必要はあるのだろうか。つまり、「ノークレーム・ノーリターン」と記載されている商品を落札した場合、どんなシミがあっても破れがあっても、返品を求めることはできないのだろうか。

ネットオークションの「返品」には2種類がある

この問題について考えるには、まず前提として、「ネットオークションにおける『返品』って法律的にはどういう意味?」ということに触れないといけない。実は、法律的に考えると、オークションにおける「返品」には、以下の二種類があるのだ。

(A)商品に欠陥があることを理由に「返品」を求める
(B)特に欠陥などはないが「返品」を求める(訪問販売のクーリングオフと同様の制度で、8日以内なら返品ができるというもの)

「ノークレーム・ノーリターン」表記は、「(B)を認めない」という意味では、完全に効力を持つ。つまり、「ノークレーム・ノーリターン」表記がある場合には、落札直後であっても、相手の同意なしに「ごめんなさい気が変わりました」を認めて貰うことはできない。
......ただ、(B)の制度は、存在自体、知っている人が少ないかもしれない。

シミや破れなどの欠陥があっても返品できないの?

問題なのは、(A)の返品との関係だ。
そしてこれは、当該商品の出品者が「事業者」の場合と、その他個人の場合で異なる。
ここでいう「事業者」とは、会社や個人商店などのこと。リアル店舗を持っている古着屋が出品している場合はもちろん、「洋服を仕入れてヤフオクで出品する」ということを繰り返し行っている個人も「事業者」だ。一つの目印としては、商品出品ページ内に「特定商取引法に基づく表示」といった記載がある人は「事業者」である可能性が高い。


yahooku_20140702_02.jpg


出品者が「事業者」の場合と個人の場合

出品者が事業者の場合、「ノークレーム・ノーリターン」に従う必要はない。説明に書いていない重大なシミなどがあったら、返品を求めてOKだ。
出品者が個人の場合、「ノークレーム・ノーリターン」には、基本的に従う必要がある。つまり、届いた商品が自分の思うような状態でなくても、基本的に文句を言うことはできない。ただ、「背中に一目で分かるシミがあるのに一切触れず、正面からの写真のみを掲載する」など、詐欺的な出品に対しては、「シミがあることを知っていたら落札しなかった」と主張し、返品を求められる場合もある。

(執筆:河瀬季 / 監修:ニシムラミカ)