ブロガー

春のメンズアウター"王道着こなし"10選

有名セレクトショップより

春アウターだよ、全員集合!

今日は、今季の春アウターを使ったコーディネイトを選んでみました。
有名セレクトショップのスタッフのコーディネイトの中から、リアルに参考になりそうなものを、選びました。

「割と王道」編です、どうぞ!!!

coodinate_supingcoat_0220_1.jpg

http://preorder.shipsltd.co.jp/2016SS/pc/MEN/

1.UA GLR×トレンチコート

ライトベージュの春色トレンチコートを使っています。
トレンチの形は、割としっかり・カッチリめの部類ですかね。

coodinate_supingcoat_0220_2.jpg

http://www.green-label-relaxing.jp/styling/2016/01/201601-62479.html

服はブルー系で統一(ジージャン、紺白ボーダーニット、デニム)し、靴は白のコンバースオールスター。
カジュアルにトレンチを着たい場合の、良いお手本ではないでしょうか。

トレンチコートの中に上下デニムを着るというところが、今年らしさ。
アウター+上下デニム、というスタイリング提案は、今年の春とても多いです。

coodinate_supingcoat_0220_3.jpg

http://www.green-label-relaxing.jp/styling/2016/01/201601-62479.html

2.JS×ステンカラーコート

春らしいベージュのステンカラーコートを使っています。
...そうだね!こちらも「ベージュアウター×デニム×デニム」だね!

ステンカラーはトレンチよりスッキリとしているぶん、こんな革靴も履けるし気取った眼鏡もかけられる。
トレンチは"重い"から、カジュアルに着ようと思うと、他で結構抜かないと「銭形警部」になっちゃうもんねー!!!

coodinate_supingcoat_0220_4.jpg

http://journal-standard.jp/mens/snap/detail/11915/

3.SHIPS×ステンカラーコート

薄いベージュのステンカラーコートを使ったコーディネイト。
このアウターはSHIPS×YAECAのライン「YAECA STUDY」のもの。

ベージュのアウター×白トップス×色の濃いパンツ、この組み合わせは春の王道。
よほどへんてこなアイテムを選ばない限りは、この3点チョイスで丸く収まる。

coodinate_supingcoat_0220_5.jpg

http://onlineshop.shipsltd.co.jp/styling/20160212_261051.html?sid=&cutyid=1

4.JS×マウンテンパーカ

マウンテンパーカを愛用する男性も、結構多い。
洋服好きの男性の家に突撃したら、なんだかんだ所持率7割くらいいくんじゃないでしょうか。

王道的着こなしですが、色使いが春らしくてきれいなので、選んでみました。
きれいな水色のマウンパに、白シャツ×グレー裾リブパンツ×ニューバランス。
シャツはよく見ると被りタイプ。

coodinate_supingcoat_0220_6.jpg

http://style-cruise.jp/snap/journalstandard/14594.html

5.UA GLR×アルスターコート

ネイビーのコート×ネイビーのトップス×ベージュの太めパンツ。
春に紺アウターを着る方も多いと思いますが、ベージュのパンツは相性が良いですね。

coodinate_supingcoat_0220_7.jpg

http://www.green-label-relaxing.jp/styling/2016/02/201602-63141.html

ここでもコンバースのオールスター。
春は布スニーカーが活躍しますね、足元を軽くできるからね!

coodinate_supingcoat_0220_8.jpg

http://www.green-label-relaxing.jp/styling/2016/02/201602-63141.html

6.STUDIOUS×春チェスターコート

ライトグレーの薄手チェスターコート。細身でロングジャケットみたいな印象です。
アウター以外、全身ネイビーで固めております。

ライトグレーとネイビーの相性は、やはり良い!
上着がコンパクトだからかスニーカーがごつめでも、全然"重い"印象が無いです。

coodinate_supingcoat_0220_9.jpg

http://zozo.jp/coordinate/?cdid=6047289

7.UR DOORS×カバーオール

デニム素材のカバーオール(ワークジャケット)を使ったコーディネイト。
濃紺のデニムジャケット×水色/白のストライプシャツ×白パンツという、爽やかな組み合わせです!

coodinate_supingcoat_0220_10.jpg

http://zozo.jp/coordinate/?cdid=5840735

まだ寒い時期、白い帽子を「春らしさ」の演出に活用するのも良い手ですな!
ニットの帽子は本当に暖かいですからね...。

coodinate_supingcoat_0220_11.jpg

http://zozo.jp/shop/urbanresearchdoors/goods/9329686/

8.UR×MA-1ブルゾン

MA-1ブルゾンも、今季のトレンド。
コンパクトなサイズのものが、この春も各ショップから発売になっていますね。よく見る。

カーキのMA-1に、ライトグレーのニット×ライトブルーのデニムを合わせて、爽やかに春らしく。
スニーカーではなくローファーを合わせることで、きちんと感を出す作戦ですね!わかります!

coodinate_supingcoat_0220_12.jpg

http://zozo.jp/coordinate/?cdid=5966001

9.EDIFICE×MA-1ブルゾン

カーキの次はネイビーだ!
"アメカジ"を着慣れない方だと、MA-1もネイビーのほうが使いやすいかもしれません。

紺のMA-1×白ニット×ブルーデニムに、スニーカー(スタンスミス)という組み合わせ。
この色合わせも王道、若者から大人までイケる感じですね。

coodinate_supingcoat_0220_13.jpg

http://style-cruise.jp/snap/edifice/15325.html

ちなみに、上着を脱ぐと、こんな感じ!
ここまで全身の洋服を白っぽくできれば、どんな上着の色も引き立たせてあげられそうです。

coodinate_spingcoat_0220_14.jpg

http://style-cruise.jp/snap/edifice/15297.html

10.BEAMS×デニムジャケット

「90年代のストリートファッションを彷彿とさせる」とBEAMSも解説していますが、その通りですね。
30代は「懐かしいな、この感じ...」と、ニヤついてしまうのでは。

オーバーサイズのデニムジャケット(通称ジージャン)の中には、スウェットパーカ。頭にはキャップ、足元はティンバーランドのキャメルのブーツでキメッッ!!!
...しかし、タイトな膝裂けデニムを合わせて、しっかり今風に仕上げています。

coodinate_supingcoat_0220_15.jpg

http://shop.beams.co.jp/styling/20160203_260678.html

以上になります。

日本全国に店舗を構えるであろう有名セレクトショップから、春のアウターを使ったコーディネイトを選んでみました。
王道ともいえる、リアルに参考になるコーディネイトを選んだつもりです。

今の時期はやはり、春らしいライトベージュのステンカラー・トレンチを推すショップが多いですな。
ライナーが取り外しできるようなタイプなら、暖かい日ならば、もう着られますからね!

coodinate_supingcoat_0220_16.jpg

http://www.fashionsnap.com/collection/robes-confections/mens/2016ss/gallery/index27.php

丈に関しては、もはや好み。
今年は"ロング丈"が引き続きトレンドでもあるのです...春らしい軽い素材感のロング丈アウターも結構お店に並んでいます。
ロング丈が好きだぜ!という私のような方は、共にロング丈を召そうではありませんか!!!

こんな過去記事も、よければどうぞ。

【2016SS】気になるトレンドたち -その3「ノーカラーアウター」-
【メンズ】レザーライダースジャケット 王道着こなし集

参考になれば、幸いです!