ブログ「東京ファッションダイアリー」、ジャーナリスト/スタイリスト

「病みかわいい」とメンヘラの関係

「病みかわいい」とメンヘラの関係の画像

ただのパステルファンタジーじゃ終わらない、原宿のサブカルチャーが生まれるのはもはや、時間の問題だった。カワイイファッションにリアルライフが浸透したとき、どんな化学反応がおこるか?喜びや楽しさなどのハッピーな気持ちや、逆に悲しみなどのネガティブな感情をファッションに投影する原宿ファッションだが、特にネガティブな面のスタイルを"病みカワイイ"という。パッと見、普段のカワイイと変わらない皮肉っぽいユーモアのあるキュートでガーリーなスタイルなんだけど、実はすごく奥の深いサブカルチャーで、掘り下げたそこには"ホラー"的な面もあった。

It was only a matter of time before a subculture came out of Harajuku that wasn't just a happy pastel-painted fantasy. What happens when parts of real life seep into kawaii fashion? When people want to project whether they are happy or sad...but in this case, *especially* when sad? That's when you get a subculture of fashion and design called "Yami Kawaii". On the surface it's your average cute, girly style with some twisted humor. But deep down it's a heavy beast. Dive into this episode of Sick, Sad World....

(above: characters read "sick" and "death", respectively)

Yami-kawaii idol group, "Zenbu kimi no sei da" (Everything is your fault)

Level 1: Anti-Kawaii

Source: Z-tokyo

カワイイファッションの台頭する原宿には、同時にまたアンチカワイイファッションが存在する。これについては、Z Tokyoという海外のバイリンガルウェブマガジンでついこの間寄稿しました。この媒体は、ライターが自由にリアルな東京に言及出来て、比較的制約が少ない。その記事でミーシャはアンチカワイイカルチャーを取り上げ、それが東京版のアンチ系やパンクムーブメントになり得るのでは?と、述べた。"死ね!"と書かれた服を来たオタク系の人や、シニカルなタグライン( "17歳だけど、お酒を飲ませろ")が人気の原宿ブランドMYOBなどを例に挙げている。アンチカワイイ?なにそれ!という方、ぜひ読んでみて下さい。そのページのリンクされてるBanal Chic Bizarreの"ゆるファック"コレクションも見ごたえあり。Z Tokyoのミーシャの文章を読んだ後、病みカワイイについてさらに掘り下げるこのページでお会いしましょうー!(今後もZ Tokyoには面白い記事がどんどん上がると思うので、ブックマークをお忘れなく!!)

I had been noticing an "anti kawaii" movement for some time in Harajuku. I was introduced to this subculture while writing an article for Z Tokyo, a new bilingual online magazine based out of Tokyo. They give their authors free reign to dig deep into what Tokyo really is, which is a living and breathing version of "Neo Tokyo". In my article, I scratch the surface of anti-kawaii, and ponder if this is what's going to be Tokyo's version of the anti-establishment Punk movement. In the article, I talk about some otaku-types who wear clothes that say "DIE!!" In Japanese characters, and Harajuku brand MYOB who is popular for it's cynical taglines (An illustration of a noose reads "I'm 17 and you let me drink here"). If you're not familiar with this anti-kawaii movement, please read the article there first (and see there Banal Chic Bizarre's intriguing "YURUFUCK" collection) and then come back to go in deeper with Yami Kawaii. And don't forget to bookmark Z Tokyo for future reading ! :)

https://www.instagram.com/p/BELV2kFG324/?taken-by=pinkyberrymilk

Level 2: Yami Kawaii

"病みカワイイ"トレンドには、いくつか層が存在する。まず1つ目は、ご想像通りキュートで不思議なファッション。

病みから連想される"痛み"という概念。それに習ってフェイクバンドエイド、スカル、ピンクの血、ガスマスクなどがアクセサリーとして使われる。それは、"こわカワイイ"トレンドにも似ているが、こわカワイイでは目玉や流血した傷口があった。病みカワイイはもっとガーリーでオタクっぽくて、グロいはずの傷口や血も、もっとアニメチックなパステルカラーで表現される。

NHKの国際放送番組、カワイイインターナショナルの最新エピソードでは、このサブカルをアンダーグラウンドファッションのムーブメントとして取り上げている。(英語の勉強がてら、気になる方は今月末までここから見れます)。そのエピソード内で、モデルの麻酔いちごを紹介した(彼女のインスタは上載)。彼女は実際、楽観的な性格だけど、フリルの服にパステルカラーのピルやバンドエイジ、ちっちゃな悪魔のアクセサリをつけることで人気。

The word "yami" is the character for "sick" or "ill" and often alludes to physical maladies like pain or even "hospital"(病院)。There are several layers to the Yami Kawaii trend, and the first one is what you'd expect a Harajuku subculture to produce: cute, weird fashion.

Since yami means pain, the yami kawaii subculture revolves around accessories like fake bandages, skulls, pink blood, and gasmasks. It's a little bit similar to "kowa-kawaii", which was the "scary kawaii" trend. That one revolved around eyeballs and gore, with a goth spin on it. But Yami-kawaii has a more girly, otaku-spin with lots of pastels and anime-style illustrations for it.

NHK World TV Show Kawaii International's newest episode is very timely, introducing this subculture as an underground fashion movement. You can watch the episode here until the end of the month. In it, we are introduced to a popular anime character who often gets hospitalized, and happy go-lucky KERA model Ichigo Masui (above), who accessorizes her frilly outfits with pills, bandages, and little devils.

Source

やみカワイイの好きな彼女らがよく買い物をするのは原宿にあるお洋服屋の「ネ甲」(ネシン)。ピンクの眼帯や、"死ね!"みたいなメッセージの服が沢山打っている。ほぼ全てパステルで、行過ぎるような生々しい血の表現はあんまりない。

TVショーでは、このファッションカルチャーはメンタルとは深い関わりはなく、美的センスが関わっているという見方をしている。確かに、そうだと思う。精神的疾患がないとその店で買い物が出来ないなんてことはないしね。単に、怖カワイイトレンドからの発展したものだと考えるのが自然だ。

更に、ゆめかわいいというサブカルもその中にあり、それはメルヘン+かわいい=ゆめカワイイ。パステル色にふわふわ系のものにシニカルなスパイスがきかせているスタイルらしい。どっちにせよ、エッジさが欠かせない。

個人の意見では、特にシニカルな要素はアメリカ人にとって馴染みのあるジョークだし、ただのかわいくてふわふわしたスタイルより海外で売れると思う。だってネオンピンクのガスマスクも、パステルカラーの"死ね!"スウェットも、ぷっと笑いが漏れてしまうおもしろさがある。オモシロいファッションだ。

She shops at Harajuku store Nesin (ネ申)which sells pink eye patches and lots of clothes adorned with the aforementioned cynical Japanese messages like "Die!". Almost everything is pastel, not bloody or gory.

The show is quick to point out that it's an aesthetic choice, and not a mental one. And that's totally true, as it doesn't take permission from one's psychiatrist to shop at the store. It's a natural progression from the scary-kawaii trend, and I think it's actually a lot of fun. Especially being the cynical, sarcastic American that I am, I think this type of dark and twisted Kawaii fashion is actually an easier sell abroad than the fluffy, fairy kind. I mean, who wouldn't laugh at a neon pink gas mask or a pastel green "DIE!" sweatshirt? It's all in good fun.

This pastel and frilly style is also referred to as "Yume-Kawaii" (dream kawaii). It's a fairy style with a heavy dose of dark cynicism. Either way, it's all kawaii but with a serrated edge.


Nesin face masks that say "love", "god", "die" and the shirt says "Go to hell, Internet". Source: http://nesin.theshop.jp/items/3001668

メンヘラ+カワイイ=??

...じゃあ、"楽しい"じゃ終わらな買った場合は?"病みかわいい"にはユーモアが欠かせない。そして、物事にはいつも奥行き、他の面がある。"病み"という言葉には精神疾患という意味もある。ここであがるのが、"メンヘラ"というキーワード。メンヘラは2チャンなどでフリンジ的な発言を発信していたカルチャー。

彼らはインターネットをはけ口として利用してきた訳だけれど、最近おもしろい動きがある。メンヘラの人たちがアートやファッションを通して現実世界とつながりだしたのだ。日を追う毎に人気と注目を集めていった。病みカワイイファッションの人気とのつながりは否定出来ない。

メンヘラチャンを知っているだろうか?メンヘラカワイイの非公式マスコットだ。江崎びす子という若手男子イラストレーターの描くこのキャラクターは、病みカワイイを一気に広め、ビジネスへと昇華させた。江崎びす子のツイッターのフォロワーは100kにも及び、Tシャツをはじめとしたメンヘラチャンのグッズや病みカワカメラ"という画像編集アプリなどを発信している。そして、肝心なのは彼の"ダーク"な面。彼のツイートはときにすごくひねくれている。「事故はどこだった?」とかね。

Level 3: Menhera-kei

...but what if it's not just all in good fun? While yami-kawaii mostly revolves around humor, there is another, deeper layer to all of it. That is when the word "yami" takes on a mental dimension and literally means "mentally anguished"(心に病気を患った人). The Japanese slang word for this is "menhera" which is short for "mental health". It refers to people who are usually on the fringe, who converge on anonymous message boards like 2chan and who have serious mental issues.

These people used to only "exist" on the internet, but recently there has been a movement where people who are menhera have started creating art and fashion in real life. It has become extremely popular, and it is undoubtedly related to the popularity of Yami Kawaii fashion.

Meet Menhera-chan, the unofficial mascot of the movement. She was drawn by a young male artist named Bisuko Ezaki, who has turned the yami-kawaii popularity into a business. He has almost 100k followers on Twitter, and sends out pictures of his t-shirts and other ventures, like a photo editing app called "Yami Kawa-camera". But make no mistake, he's a dark dude and some of his tweets are so twisted, even I squirm a little bit (like asking his followers to vote on "Where did the accident take place?").

メンヘラチャンとそのLINEスタンプ かわいいながらも、「リスカ戦士」や傷跡などのとこがかなりダーク。 Menhera-chan and her LINE stamps. In the above "map", notice the wrist scars, the little knife, and the introduction as a "wrist-cutting warrior". Dark.

そしてもうひとりの立役者があおいうに。彼女は、メンヘラ展をオーガナイズしているAOI-UNI。メンヘラや、病みカワイイにつながるアートを見に多くの若者が訪れる会場では、グッズも販売している。あおいうには、可愛らしくて魅力的な女性。そして彼女もまた精神疾患の病名がついたメンヘラである。入院中に病院からツイートすることも少なくないようだ。

これらは、日本で全く新しいサブカルだというわけじゃない。リサーチをしていると草間彌生が出てきた。彼女もまた、精神科に通院していると知られている。そういう人間っぽさは、ある種の親しみやすさになり、人気の理由にもなるのだろう。メンヘラチャンみたいに。(メンヘラチャンのラインスタンプも出てる)

病みカワイイは、俗に言うカワイイファッションに比べエッジが効いている。そこが意外にも、海外では受け入れやすいのではないかと思う。実際、麻酔いちごがカワイイインターナショナルで見せたスケルトンコルセットは、今ミーシャのクローゼットにある。また、ハイファッションにもこのムーブメントの波は来てる。バナルシックビザールや、ノゾミシイグロのコラージュプリントなどを見れば頷ける。心の病気で苦しんでいる 少年少女のなかにも、こういうカルチャーでカタルシス効果を得られる子がいたら良いと思う。原宿には今、色々な病みカワイイがあるからね。

Another catalyst is a girl named Aoi-uni, who organizes a yearly art fair called the "Menhera Exhibit". This is where young girls and boys can exhibit menhera or yami-kawaii inspired art and goods, and sell it for a profit. Aoiuni is a rather cute and attractive girl, but the truth remains; she proudly waves the banner of menhera and even Tweets from her visits to the hospital.

This isn't all totally new in Japan, as while researching for this, a photo of Kusama Yayoi popped up. She's known for having committed herself to a psychiatric ward. That is considered somewhat endearing to the public, such as the menhera-chan mascot (the mascot has it's own LINE stamps).

As for Yami Kawaii, I think that the edgy-ness of it makes it a pill easier to swallow than typical "kawaii" clothing for the West. In fact, a skeleton corset belt that Ichigo Masui showed off in her Yami Kawaii segment on Kawaii International is something that I have in my own closet right now. And in high-fashion, it's seen at Banal Chic Bizarre, and even in the collage prints at Nozomi Ishiguro. I hope that the girls and boys out there who are truly suffering from menhera can find this to be a cathartic outlet, and meanwhile, you guys can shop for Yami-kawaii at various Harajuku stores.

少女病棟展より source

Misha Janette
Natsumi Yasuoka

ミーシャジャネット