時代に口髭を生やすウェブマガジン

コミュ症改善効果アリ?初対面で必ず話す"出身地"をプリントしたTシャツ発売

コミュ症改善効果アリ?初対面で必ず話す

9月3日(土)より「喋るTシャツ」第1弾企画として、初対面の際に必ずと言っていいほど話題に上がる"出身地"をプリントした「出身地Tシャツ」がローンチされます、「喋るTシャツ」公式HPも公開!

公式HPではストーリー・コンセプトの他、各都道府県出身の47名のモデルを撮影し作成した「47都道府県MAP」というものをご覧に頂けます。モデルは順を追って更新予定となっています。

第一弾として公開されているモデルは、サントリーのコールドブリューCM出演で話題の仲⻄沙保美、『Soup』『mer』など⻘文字系雑誌の読者モデルとして活躍する山城悠希、自称エンターテイナー社畜TwitterやYoutubeでティーン層から支持を得る佐藤悠紀です。

talking_t_0904_2.png

仲⻄沙保美

talking_t_0904_3.png

山城悠希

talking_t_0904_4.png

佐藤悠紀

喋るTシャツが生まれた背景とは?

アメリカに留学した時、アメリカ人教師は日本人の僕らに対し「Don't be shy!!」と唱え続けました。海外からみる日本人のイメージはシャイであるというのを痛感した瞬間でした。実際に 外国人に比べると物静かな日本人。晩婚化もささやかれている昨今、誰しもが着るTシャツを通して日本人のコミュニケーション能力を向上させたいという思いで"喋るTシャツ"を立ち上げました。

PRODUCT INFORMATION

喋るTシャツ 第1弾「出身地Tシャツ」

talking_t_0904_5.png

詳細はこちら