ファッション業界に特化した仕事・転職サイト

転職活動で意識すべき"自己分析のコツ"

転職活動で意識すべき

転職活動をスタートされる皆さん、「自己分析」をしたことはありますか?自己分析は、転職活動を進める際の"要"となるもの。しかし、正解があるわけではないため意外と目的を知らないまま進めてしまう人も多くいます。自己分析をうやむやにしたまま行うと履歴書作成時はもちろん、面接時にクリアな考えで臨むことができません。自分自身の考えを整理するためにも、しっかり自己分析について知っておきましょう!

転職活動の自己分析。何をすれば良いの?

企業は中途採用ではより即戦力を期待します。新卒採用ではコミュニケーション能力や積極性、チャレンジ精神などを重要視する企業の方が圧倒的に多いですが、中途採用ではあなたの人柄やスキル、これまでの実績に重点をおきます。

「自己分析」=「自分を知る」

自己分析とは、自分自身を見つめなおし、志向を整理する作業のこと。自分はどういう性格で、どんな価値観を持っているのか?自分を知ることで、どんな職業なら自分を活かせるのか、何のために働くのかなどを明確にすることができます。

転職活動の第一歩。自己分析のやり方とは?

分析というと、大げさなことのように感じますが、自己分析とは自身の「過去」と「現時点」を確認し、自己のことを知り理解することです。転職活動に勝てる武器を用意する気持ちで、自分の言葉で「具体的実例を入れて文章化」してみましょう。そうすることによって、自分の性格、長所や短所、 知らなかった自分の能力に気づくことにもなります。

では、以下の進め方を参考に自己分析を行ってみましょう!

STEP1:"過去"の自分を振り返る

まず、あなたが前職で得意としていたことや熱心に打ち込んだことを思い出してみましょう。振り返ったら、さらにその経験について深堀してみましょう。

STEP2:"現在"の自分を考える

今現在あなたが熱心に打ち込んでいることや、興味のある事柄について考えてみましょう。また、組織の中での自分の立ち位置について書き出してみましょう。 おのずと周りに求められているあなたの個性が見つかるかもしれません。

STEP3:自分の長所・短所を知る

特に大切なのは、自分の苦手分野について知ることです。ポイントは、"嫌いな感情だけではなく客観視したときに苦手だと思うもの"を知ること。それが分かれば苦手としている理由と、その回避や克服も可能になります。さらに、長所を生かす役割は何かも考えることができます。

STEP4:第三者に自分を分析してもらう

自己分析には客観的な視点も重要です。転職コンサルタントなどに協力してもらい、自分がどういう人間なのかを探っていきましょう。あなたの弱み・強みがより明確になってきます。そして、第三者からの分析を踏まえ、改めて自己分析をしてみましょう。

STEP5:将来像、未来のキャリアを描いてみる

上記のSTEPを踏まえ、あなたがこれからどう生き、何をやっていきたいのか考えてみましょう。STEP1〜4を綿密にやることで、「人に携わる仕事がしたい」「何かを創り出す仕事に興味がある」など、未来のキャリアに対して具体的な考えを出すことができます。

転職活動で自己分析をするときのコツ、ポイントは?

過去の出来事を振り返る上で大切なポイントは、その経験を感情(喜怒哀楽)で整理すること。人は何かをする場合、「検討する」ときは論理でも、「決定する」ときは感情に従うことが多いです。つまりアタマではなく、ココロで決めています。そして、その感情を書き出していくと、必然的に自分にとって大きな出来事は文章量が多くなってくるでしょう。文章量が多いということは、それほど自分に影響を与えた出来事だということです。

そして、自己分析をする上で気を付けることは「ネガティブに考えること」。過去を振り返っているうちに、「なぜあの時そうしてしまったのか」「なぜそう思ってしまったのか」と後悔の念を思いがちです。自分を発見した結果、自分に自信が持てなくなり、自己嫌悪に陥ってしまうこともあるかもしれません。ですが、何事もやりすぎは良くないもの。自己分析には正解はない、ということを十分に踏まえましょう。

転職活動こそじっくり自己分析をする時間を

いかがでしたか?自己分析をすることで履歴書や職務経歴書の下書きにもなり、面接官に「本当の自分」を伝えることができます。少し遠回りにも感じますが、自己分析をしっかりとすることで自分が本当にやりたい仕事や業界を見つけられる近道でもあります。

転職を考えている人はぜひ自己分析を早い段階で行い、自分と相性のいい企業を見つけ出してくださいね!