サンフランシスコ・ニューヨークを拠点とするグローバル市場向けクリエイティブエージェンシー

日本の技術力をすごいと思う本当の理由

日本の技術力をすごいと思う本当の理由の画像

今回の日本出張の際に、とあるアパレル系ブランドの海外進出プロジェクトの一環として、彼らのものづくりに関しての現場を見るためにいくつかの工場と品質管理センターを見学させていただいた。そして、その経験は今までの人生の中でも1,2を争うほどに度肝を抜かれる結果となった。

繊維系の製作現場という特性もあるだろう、決してテクノロジーがすごいわけでも、難易度の高い複雑な作業を行なっているわけではない。しかし、そこで働く方々のものづくりに対する姿勢や、その工程における繊細さなど、"さすがにこれは日本でしかできないな"という内容である。

何がすごいかというと、ものすごく細かく単純な作業をただひたすら続ける忍耐力、機械でも読み取れないようなナノ単位でのズレを感覚で認知する感覚、そしてやろうと思えば簡単にできるごまかしを行わない仕事に対する誠実さがそこにはあった。

これは本当にすごい。日本国内の感覚だと"当たり前"と思われるかもしれないが、実は海外から見ると、こんな事ができる人種は他にいないのではないだろうか?例えばこれが怠け者のアメリカ人だったとしたら、"こんな退屈な仕事バカらしくてやってらんない"と言ってすぐに辞めてしまうかもしれない。そして米国企業は最小の労力で利益が出るための効率化を最優先する。

では世界一の生産拠点である中国はどうだろうか? おそらく、大規模な工場に大量の人的リソースを投入し、単純作業を通じて安価で大量の生産ができるかもしれないが、どの工程にごまかしが生まれるかがわからない。日本ほど"実直な"作業は望めない。また、コストを削減するために東南アジアに外注したとして、日本ほどの繊細なクオリティを担保する事が難しいだろう。

実際に工場長に聞いてみたところ、東南アジアから来た労働者を採用してみた事もあるが、うまくいかなかったという。その理由は、文字や数字では説明のつかない最後のニュアンスが理解できないからという。日本人が得意な"あうんの呼吸"や"微妙なニュアンス"というものは、日本特有のものであり、海外にはほぼ存在しないらしい。

ちなみにこのクライアントの会長さんに"君、'微妙'って英語でなんと言う?"と聞かれて答えられなかった。実は、会長さんによると"微妙"を一言で表す単語は日本語以外に無いと言う。なぜか?それは日本にしか無いニュアンスだからなのであろう。

一言で言うと、こんな素晴らしい国無い。

そんな中で日本国内のものづくりの現場では、職人さんやパートのお姉さんたちが、ロジックでは説明のできないセンス、感覚、忍耐、正確さ、継続性を通じ、品質の高い製品を毎日作り出している。これは実は本当にすごい事で、シリコンバレー的な技術革新をメインにしたイノベーションよりも、単純作業を安定した水準でただひたすら続けることの方が何十倍も難易度が高いだろう。

誰にもできないような難しい事ができるよりも、単純でつまらない事を正確にやり続ける方が難しい。毎日パソコンやスマホを活用して楽で効率的な仕事のプロセスばかりに気を取られていた自分にとっては、後頭部を殴られるほどの衝撃を受けた。

技術革新による効率化も素晴らしいが、アナログな作業をひたすら続けられる事と、その仕事のクオリティに対するスタッフのコミットは簡単には真似ができない。なぜならそこには信じられないレベルの忍耐力が必要とされるから。この一つの事をひたむきに続けられる忍耐力こそが日本が世界に誇るべき技術力の根源であり、イノベーションにもつながるきっかけにもなるだろう。

しかし、同時にこの忍耐力は時に大きなデメリットも生み出す諸刃の刃だとも感じた。日本人特有の単純でつまらない作業を何の疑いも持たずに実直に続ける。これを逆手にとってしまえば、その作業を通じて生み出されるもの次第においては、世の中にとって良くない結果を生み出す可能性があるからだ。

単純作業をとことんマニュアル化して"内職"として発注する。これがクラウドソーシングを利用する際の一つのセオリーであろう。おそらく仕事を受けた人は実直に言われたプロセス通りに作業を行い、一つ一つの報酬は少なくとも、それを大量に生み出すことにより、安定した収入を得る事ができる。

しかしその一方で、その作業内容やそこから生み出されるものがどの後世の中に対してどのような影響があるのかをあまり意識しない。実直であるがゆえに、頂いた仕事は真面目に取り組み、その内容に疑いを持たない。そんな国民性だったとしたら、自分が行なっている仕事の結果を自分の頭で考えて判断できなくなる可能性もある。

社会的には良くないとなんとなく感じていても、言われたことを仕組みの中で実直に作業を進める事に必死になりすぎて、仕事の内容や目的に疑問を持ったり、それを進言することはご法度である。そんな"職人的な"気質の人たちが昨今話題になっているキュレーションメディアのコンテンツ作りをただただひたむきに行なっていた気がしてならない。

今回の日本出張を通じ、日本という国の持つ、実直、誠実、忍耐、といった世界に誇るべき気質を学ぶとともに、仕事は"何のためにやるか"がより重要になってくるとも感じた。そうすることで、社会にとっても素晴らしいイノベーションが生まれるのでは無いかと思う。

Don't be Evil (社会悪にはなるな)
- Googleの社訓