サンフランシスコ・ニューヨークを拠点とするグローバル市場向けクリエイティブエージェンシー

2016年、シリコンバレーで注目されたチャットロボット5選

2016年、シリコンバレーで注目されたチャットロボット5選の画像

チャットボットという言葉を聞いたことがあるだろうか。まだ日本ではあまりなじみがないと思うのだが、実は2015年12月に「りんな」という女子高生ボットで実は有名になっていたことがある。(以前の記事をぜひご覧ください)

チャットボットというのはメッセンジャー・ライン等インターフェースを通じてAIによって提供されるサービスである。つまりラインで普通に会話しているのにも関わらずその会話の相手は実はロボットなのである。今回は現在シリコンバレーで非常に注目されている一押しのチャットボットを紹介する。

参考: チャットボット (Chatbot) とは? 【ChatBot入門編】

1. Poncho

20161228bra2.pngポンチョは天気予報ボットで使用する人の居場所に対応して、その日の天気・5日間の天気等を教えてくれる。知らせ方が非常に面白く、現在地を教えると「ほんとにそこの出身なの?僕の彼女もそこ出身なんだところで、、、」というように冗談交じりに教えてくれて茶目っ気たっぷりだ。通知機能もあり、設定によっては朝8時に毎日天気の通知をしてくれる等も可能だ。

2. Mezi

Meziはどこかへ旅行・ビジネスへ行く際、ホテル・飛行機の予約・日程再調整まで可能なボットだ。特に優れている点としては条件設定で価格・日付で検索することが可能なのはもちろんなこと、「駅から近い」「プール付き」というような非常に細かい点まで要求しても探し出してきてくれることが挙げられる。そして使えば使うほどユーザーの嗜好を理解し、ユーザー好みの選択肢を挙げてくれるようになる。

3. Vida

20161228bra3.pngVidaは健康管理アプリである。MindyというAIが搭載されており、自分ですることはその日食べる食事の写真を撮りVidaのチャットに写真を張り付けるだけである。そしてMindyがその食事の栄養バランスの計算を行い、その食事は健康であるか・アレルギーに問題がないか等の判断を自動で行ってくれる。面倒くさい食事記録等を付けないですむのがこのアプリの特徴だ。

4.Pickme

20161228bra4.pngピックミーは外食をする際にユーザーにとってのベストなレストランを一つ選びだし、お勧めしてくれるというアプリだ。何時から食べたい・何料理が食べたいというお手軽な質問のみによって構成されている。ワンクリックで予約できるのに加えて10%の割引も受けることができるのがピックミーの強みである。

5. Pennycat

20161228bra5.pngペニーキャットは割引クーポンを自動で見つけ出してくれるアプリである。自分の居場所に合わせてどこのレストラン・ショッピングへ行けば割引が受けられるかを教えてくれる。さらにボット内に秘密クエストのようなものが存在しており、そのクエストを達成するとアマゾンのギフトカード・スターバックスのギフトカードを手に入れることができる。

チャットボットは目的が一つだけで複雑なプロセスを踏まなければならないとき非常に便利だ。例えば「ニューヨークのホテルにこの日に泊まりたい」「痩せたい」というような目的があるとき、チャットボットはその複雑なプロセスをシステム内で行ってくれる。

このようにシリコンバレーでは様々なチャットボットが作られだして現在注目を集めている。しかしながら未だ一世を風靡するようなチャットボットは現れておらず、どのボットが有名になるかというのはこれからの企業の努力次第でありビジネスチャンスも大きいと考えられている。

*上記の記事は株式会社CAPAのブログから転載したものです。元記事はこちらから