モバイルで小売が激変した2016年まとめ

モバイルで小売が激変した2016年まとめの画像

■2016年のアメリカ小売業年の変化はますます目視では確認できないものになった。小売の現場となる売り場では変化を見ることができない。スマートフォンなどモバイルを使ったショッピングが拡大しているからだ。感謝祭日とブラックフライデーを含む週末4日間の買い物では、オンラインで買物する人数が実店舗で買物する人数を上回る結果となった。全米小売業協会が11月末に発表した早期データによると、オンラインで買物をした客数は1億人強、一方で実店舗の客数は1億人を割り込んだのだ。象徴的なのは、オンライン販売もスマートフォンなどモバイル経由が昨年以上に成長したことだ。モバイル経由のブラックフライデー売上高は12億ドルを記録し、スマートフォン経由の1日の売上高が初めて10億ドルを突破した。先ごろ世界で過去最高を記録したと発表したアマゾンでは、利用者の72%以上はモバイルからのアクセスだった。またアマゾン・アプリの利用は昨年から56%増えたとしている。調査機関ピューリサーチセンターが19日に発表したデータによると、アメリカの成人の79%がオンラインで買物をした。そのうち51%がスマートフォン経由で買物をしたとしているのだ。オンライン・ショッピングでも重要なるのがカスタマーレビューで82%が参考にしているとの回答だ。
スマートフォンを使った買い物は今年、大きな展開を見ることになった。全米最大の小売業ウォルマートが独自のモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」を全店に拡大したのだ。これによりレシートはeレシートとなりセービングキャッチャーもスマートフォンのワンタップで簡単にサービスを受けられるようになった。さらにショッピングで便利になったのはウォルマート傘下のサムズクラブが提供するセルフ・モバイル・チェックアウト・システム「スキャン&ゴー(Scan&Go)」だ。スキャン&ゴーは、お客が商品のバーコードをスキャンしアプリ上で決済することで、レジを素通りできるアプリだ。レジ行列に並ぶ必要がないといえば、外食チェーンでもスマートフォンからの注文でレジ行列を回避できるモバイルオーダーが急拡大している。モバイルオーダーはスターバックスやチックフィレ、チポトレ、パネラブレッド、ダンキンドーナツ、タコベル、ウェンディーズなどのファストフードチェーンで採用されている他、新興バーガーチェーンのシェイクシャックでも全店展開となっている。外食最大手チェーンのマクドナルドも来店、テスト展開を行う予定だ。
モバイルを主体とした買い物の利便性向上は来年、さらに拡大し消費者に新たな豊かさの基準を提供するだろう。

トップ画像:ウィンコフーズでスマートフォンを使いながらショッピングする買い物客。

16年11月28日 - 【オムニチャネル】、世界最先端のショッピング事例!ショッピング革命は大袈裟でない?

16年11月29日 - 【オムニチャネル】、近未来のショッピング事例2!未来は体験しない限り理解できない?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。今年、衝撃的な出来事はサムズクラブのアプリ「スキャン&ゴー」。どんなに強調しても足りないほどです。視察参加者に試してもらったときの驚き以上に、消費者である後藤の消費行動を大きくかえてしまうほど革新的です。3ヵ月間でサムズクラブには(視察研修を含め)10回も買い物をしています。短期間にこれほど頻繁にメンバーシップ・ホールセール・クラブに買い物したことはありません。後藤はコストコ会員でもありアマゾンのプライム会員でもありますが、サムズクラブで最も買い物をしています。サムズクラブのスキャン&ゴーを喩えれば「近所にある倉庫にモノを取りに行く」感覚。ワンタップしてスキャン&ゴーを起動し、もう一度ワンタップしてスキャン用カメラを起動、購入する商品のバーコードを読み込ませるだけです。決済は登録してあるクレジットカードで、こちらもワンタップで完了。レジを通らず、そのまま店を出ます。

⇒スキャン&ゴーを使うようになって、いかにレジでの決済が買い物で心理的&物理的ボトルネックになっていたのかがよーくわかりました。ファストフード店などのレジ待ち行列もボトルネックでストレスです。先日、ハリウッドのシェイクシャックでモバイルオーダーをしてみました。詳細は当ブログでレポートしますが、店内席もテラス席もお客でいっぱいで、レジ待ちも行列でした。モバイルで先にオーダーしていたので、レジまで10分以上待たなければならなかったところ、レジの待ち時間はゼロでした。ピックアップ時間12時45分の設定で、実際にオーダーができたのは3分後でした。外食チェーンのモバイルオーダーに慣れると、レジ待ちが本当にバカらしくなってきます。スマートフォンのショッピングは使ってみるまでその利便性や革新性は分かりませんが確実に拡大しています。消費者の手のひらで起こっている変化ですから、まさに地殻変動のように現場では見えてきません。
地殻変動の結果として地形が変わったりしますが、小売の地殻変動でも沈没したり隆起したりする現場を目にすることでしょう。

今年もありがとうございました!みなさん、良いお年をお迎え下さい。

後藤文俊