世界35カ国以上に支部を持つユース向けWebメディア

HOLLYWOODがHOLLYWeeDに、元日のイタズラ事件の犯人にインタビュー

HOLLYWOODがHOLLYWeeDに、元日のイタズラ事件の犯人にインタビューの画像

Text By Justin Caffier

Photo by Jamie Lee Curtis Taete

耳にしたかどうかは知らないが、2016年は酷かった。だから今年は〈去年と違う〉と微かな希望を探そうとするのは当然だ。そして2017年の始まり。ロサンゼルスを象徴するハリウッド〈HOLLYWOOD〉サインを、布とクランプを使って〈HOLLYWeeD(大麻)〉サインに変えた悪戯があった。そんな元日のニュースを〈希望〉として受け止めた人も多いのではないだろうか。

この悪戯は、1976年の〈HOLLYWeeD〉ヴァンダリズムへのオマージュではあるが、近づくのも難しい有名なランドマークに、そんな離れ業をやってのけたヤツは誰なのかと世間は驚いた。

VICEは、このプロジェクトの張本人だと主張する地元アーティスト、ザック・フェルナンデス(Zach Fernandez)と、彼の制作パートナーで、前妻のサラ・ファーン(Sarah Fern)に話を訊いた。フェルナンデスは、ジーザス・ハンズという名義でアート活動をしており、この名前はクローズアップした〈HOLLYWeeD〉の写真でも確認できた。

hollyweed-sign-20170105_003.jpg

Sarah Fern and Zach Fernandez. Photo courtesy of Zach Fernandez

なぜ悪戯をしたのですか?

フェルナンデス:友だちのインスタグラムで、オリジナルの〈HOLLYWeeD〉サインを見たんだ。最初は、デジタル処理されたものかと驚いたよ。でも調べたら、ダニー・ファイングッド(Danny Finegood)というカリフォルニア州立大学ノースリッジ校芸術学部の学生が、大学のアートプロジェクトの一環としてサインを書き換えたとわかった。1976年、カリフォルニア州はマリファナに関する法律が緩和されたばかりで、それを賞賛するために彼は実行したんだ。それでダニーは成績Aをもらったそうだ。感激して更に調べてみたら、何年もかけて友人とインスタレーションをやっていたと知った。残念ながら、彼は10年前に亡くなっていて、実際には〈故ダニー・ファイングッドさん〉になっていから、〈O〉の文字の左下に〈ミスター・ファイングッド〉という賛辞を書いた。まぁ、この作品の主な目的は話題づくりだったけどね。

ファーン:今回の大統領選挙で、いろんなものが明らかになった。このアイデアはずっと温めていたけど、選挙があんな風になって、それが行動のダメ押しになったの。

結果はさておき、今回の大統領選はマリファナ関連法の改革にはプラスになりました。これをきっかけにして、その他の問題を提起したいと考えているのですか?

フェルナンデス:もちろん。どんな環境でも、ポジティブになれるような状況に再構成するのが大切だと親友から教わったんだ。ちょっとリスキーであったとしても、世界にポジティブなものをもたらしたり、あるいは人生のネガティブなもの、悪い部分に人が向かわないようにしたり、導いたりする方法なら、僕はなんでもやっちゃうね。明確なメッセージを確かめたいんだ。若いこと。若くあり続けること。純粋なまま生きること。これらが大切なんだ。今回のプロジェクトでは、それが表現できたと思うよ。

この悪戯はどのように準備し、実行したんですか?

フェルナンデス:実行部隊は僕ひとり。迷彩服を着て登った。監視カメラの報告では、〈黒い服を着た男〉ってなっていたけど、僕は雨に備えて迷彩柄のフィールドジャケットを着ていた。邪魔されるチャンスが少なくなるので、雨が降るのを期待していたんだけどね。

ファーン:私は制作に関わった。ビジョンをまとめたのも私よ。きちんと計画は進んでいるのか、お互いに確認する必要があったし、測定したり、いろんな部分をダブルチェックしたわ。予算も限られていたけど、たくさん使えるものがあった。風景写真も何枚かあったし、必要に応じてシーツを追加して、縫い合わせたりもした。

hollyweed-sign-20170105_001.jpg

Photo by Jamie Lee Curtis Taete

サインの設計図は手に入れたのですか? ネット上にあったとか?

ファーン:まず、ザックが文字の高さの寸法を見つけた。そこからネット上のあらゆる写真を確認して、細かく地図を描いて、計算したの。万が一に備えて、余裕ができるようにつくったわ。

実際に設置してどうでした?

フェルナンデス:文字の両側には梯子があるんだけど、高いところにあるので、梯子のいち番下にたどり着くのにも6メートルは登らなくてはいけなかった。2番目の文字はさらに高いところあり、揺れていたから、最初の文字で使ったロープを体に結わえて、文字の周りをぶら下がらなくてはならなかった。

ハリウッドサインの文字の間を、ターザンみたいに移動したんですか?

ファーン:違うわよ。ひとつの文字の上に乗って、もうひとつの文字にロープをかけなかればならなかったの。

フェルナンデス:やらなくちゃいけない作業はたくさんあった。2時間もかかってヘトヘトだったよ! アドレナリンが全身を駆け巡り、やるべきところまでやったら、あとは脱力感だけだった。僕たちは、これまでにも共同作業をしているんだけど、何でも詰め込みながら、シンプルに簡単に作品を保とうとしている。だから〈破壊〉はしない。今日のニュースでは、その言葉が飛び回っていたけどね。

ファーン:ザックはクランプだけ使った。それでシーツを留めて、簡単に外せるようにしたんだから。

このインタビューが公開されると面倒になると考えていますか?

フェーン:嗜められたりはするでしょうね。「お咎めなしで済むんだったら、みんなやるだろ。だから、オマエたちには注意しないと」って。そう理解しているので別に構わないわ。

フェルナンデス:新しい話題をつくるには、結果を受け入れなければならないしね。僕は、マリファナをとてもポジティブにとらえている。最初にキメたのは12歳ぐらいだった。姉とボーイフレンドが水パイプを持ってきて、めっちゃくちゃハイになった。その後、サンルイスオビスポで医療用マリファナの配送サービスを2年間やって廃業した。多発性硬化症や癌患者への医療効果は明白だよね。

hollyweed-sign-20170105_002.jpg

このようなインスタレーションを更に計画していますか?

フェルナンデス:もちろんだよ。実に最高の一歩を踏み出した。僕たちは、これまで少し後ろ向きな作業をしていた。4人の子供がいるんだ。生きて子供たちの手本になりたいだけさ。共同制作してくれる同志を募集しているよ。

ファーン:私たちは、いつも次の何かを探しているわ。

あなた方を、ただの〈マリファナ常習の破壊者〉と考えている人に対して、ひとことどうぞ。

フェルナンデス:微笑んでいよう。笑っていよう。人生を思い詰めてはいけない。客観視しながら物事を再構成してみよう。これが僕からのメッセージだ。

ファーン:私からのメッセージ? いつもうまくいくとは限らないってところかな。