Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

手数料ゼロのクラウドファンディングプラットフォーム「FreeFunder」に注目

手数料ゼロのクラウドファンディングプラットフォーム「FreeFunder」に注目の画像

近年、創作活動や起業、社会貢献などに対して少額から広く資金を募るクラウドファンディングが、資金調達手段のひとつとして定着してきた。

キックスターターなどのクラウドファンディングサービスでは、手数料として、資金調達金額の5%程度をサービスプロバイダーに支払う形態が一般的だ。

・手数料ゼロのクラウドファンディングサービスが誕生

20160106tech2.jpg

「FreeFunder」で資金調達を実施した事例2016年に創設された「FreeFunder(フリーファンダー)」は、"手数料ゼロ"を標榜するクラウドファンディングサービス。

このサービスでは、病気の治療費や火災被害に遭った家屋の立て替え費用など、個人的な事情でお金を必要とするユーザーが一般から寄付を募り、調達資金は、何らの手数料も課されることなく、すべてそのユーザーに届けられる。

また、もうひとつの特徴は、資金提供を呼びかけるメッセージがソーシャルメディア上で共有される回数に応じ、「FreeFunder」も支援者として資金を提供する仕組みを設けていること。

ユーザーは、フェイスブックのシェア数が100回に達すると20ドル(約2,320円)、500回になるとさらに50ドル(約5,800円)を「FreeFunder」から得ることができる。

・サービス運営のための費用は寄付でまかなう

「FreeFunder」では、ユーザーに手数料を課金する代わりに、有志から寄付を募ることで、サービス運営のための費用をまかなう方針。

"手数料ゼロ"というコンセプトに共感するサポーターを増やし、継続的に応援してもらうことが、「FreeFunder」を持続可能に運営するためのカギとなりそうだ。

FreeFunder