ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

12の子会社を新設、ワールドが事業持株会社体制の概要発表

12の子会社を新設、ワールドが事業持株会社体制の概要発表の画像

ワールドは14日、4月1日からの事業持株会社体制の概要を発表した。業態や販売チャネルをベースに12の子会社を新設する。

既存ブランド事業部門は、百貨店レディース事業のフィールズインターナショナル、メンズ&スポーツ事業のエクスプローラーズトーキョー、ミドルロワー第一事業のスタイルフォース、ミドルロワー第二事業のアルカスインターナショナル、卸事業のワールドアンバーを新設する。

雑貨事業は、中間持株会社ワールドライフスタイルクリエーションを新設し、既存ワールドリビングスタイル(4月1日ワンズテラスに商号変更予定)、イッツデモ(同ファッションクロスに商号変更予定)、新設のジュエリー事業のココシュニックの3社を統括する。

開発・改革事業は、中間持株会社ワールドインベストメントネットワークを新設し、セレクト事業のインターキューブ、SC・ストア事業のイノベーションリンクの新設2社を統括する。アウトレット事業はワールドストアパートナーズに移管する。

プラットフォーム事業部門では、什器の製造・販売、空間設計などのワールドスペースソリューションズと給与事務事業分割準備会社(商号変更予定)を新設する。

world20170214_jpg

※は中間持株会社