オシャレを発信するニュースサイト

「Fotor」の開発元が提供、1000万画素で写真を加工できるアプリ「GoArt」登場

日本でも人気の高い加工アプリ「Fotor」の開発元が提供する加工アプリ『GoArt(ゴーアート)』が、パワーアップしました!

世界初の1000万画素を楽しめる

goart_0213_1.jpg

『GoArt』は2016年の夏にiOS版とAndroid版をリリース。配信されてからまだあまり日は経っていませんが、今回のアップデートで機能がパワーアップしました。

その機能とは、世界初の1000万画素。なんと好きな写真を『GoArt』で加工した後に大きく印刷して部屋の壁に飾る、ということも可能なのだそう!

『GoArt』を使って加工してみよう

それでは初の1000万画素を叶えるアプリを使って画像を加工してみます。

goart_0213_2.jpg

加工するのはこの写真。加工しがいがありそうな写真をセレクトしました。

フィルターは現時点で30種類の無料フィルターと、9つの有料フィルターがある。今回使ったのは無料フィルターです。

▽FAUVISM

goart_0213_3.jpg

▽IMPRESSIONISM

goart_0213_4.jpg

▽METAPHISICKS

goart_0213_5.jpg

▽JOY

goart_0213_6.jpg

▽WATERCOLOR

goart_0213_7.jpg

元々がアートな作品を写真に撮ったものでしたが、さらにアート感が増しましたね!

このフィルターの豊富さと、加工の出来上がりは「Prima(プリスマ)」に似ていて、同じように楽しむことができます♪

写真をアートに加工するのが好きな方はぜひダウンロードしてくださいね!

実際に印刷をしてみた

「UKIYOE」で加工した写真を、実際に紙に印刷したらどうなるのか?

goart_0213_8.jpg

データでは色味や波などがまさに浮世絵。実際に海の写真を使えば、さらに浮世絵感が増しそうです。

goart_0213_9.jpg

紙に印刷したものがこちら。紙のインクではさすがに表現できる色味の限界があるようでした。

A4サイズの紙では特にうまく印刷できていない、ということは感じられなかったので、ちゃんとした印刷サービスを使えばデータの色味をそのまま再現できるかもしれません。

▼"アート 加工"に関する記事はこちら

写真を油彩・水彩・コミックのように変換できる「BeCasso」は指で細かい修正も可能!
画家になった気分♪ 写真を一瞬で絵画に変身させる加工アプリ『Prisma』が楽しすぎる!
絵画のような写真が作れる!?画像加工アプリ5選☆

記事で紹介したアプリ

goart_0213_10.jpg

GoArt - Art photo maker and photo editor
写真/ビデオ,エンターテインメント
無料

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

iPhoneアプリをダウンロード