日本初 "デジタル×ファッション"メディア

Apple Watchが新生活のパートナーに最適な理由

Apple Watchが新生活のパートナーに最適な理由の画像

就職、転職、入学、卒業など新生活が始まる春。この時期は、新しい門出のお祝いとしても、自分自身で新しい時を刻むという意味においても、腕時計を手にする人が多いといいます。

今回、この新生活の時期にオススメな腕時計のひとつとして、デジタルテクノロジー×ファッション視点で、DiFaは『Apple Watch』をピックアップしました。

調査会社Canalysのリサーチによれば、2016年第4四半期のスマートウォッチ総販売台数のうち、およそ8割がApple Watchだったそうです。スマートウォッチ界で圧倒的なシェアを誇るApple Watchは、新生活でどのように活躍するのか。早速チェックしていきましょう。

スマートなビジネスパーソンを彩るApple Watch

Apple Watchの魅力としてまずあげられるのが、さまざまなスマート機能。アプリケーションはもちろんのこと、最新のApple Watch Series 2 では電子決済などさまざまな機能も追加されています。それぞれ順番に見ていきましょう。

Apple Payでスマートな決済を

applewatch_0317_2.jpg

まずは昨年9月から日本にも導入された「Apple Pay」。新しいiPhone 7でないと利用できないと思われがちなApple Payですが、Apple Watch Series 2があれば、旧型のiPhone(iPhone5以降)でも利用できるんです。

Suicaで電車やバスなど公共交通機関を利用できるのはもちろんのこと、Apple Payに対応している店舗や、従来のiDやQUICPayに対応するコンビニやカフェなどでもApple Payでのクレジット決済が可能に。カバンから財布を取り出すことなくスマートに決済できるのは嬉しいところ。

また、この時期に活躍するのが定期券の購入。新生活に向けて駅の券売機や定期券売り場は混雑しがちですよね。Apple Payがあれば定期券もアプリ上から購入できるので、駅まで行く必要も、券売機に並ぶ必要ないんです。

大事な連絡や通知も手元でサクッと

applewatch_0317_3.jpg

iPhoneに届くあらゆる通知を、手元で確認できるApple Watch。スマートフォンをカバンに入れることの多い女性陣にとっては、いちいち取り出す必要がないのは嬉しいところ。

もちろん女性だけに限らず、多くのビジネスパーソンにとってApple Watchの通知はさまざまな場面で活躍します。

LINEをはじめとしたメッセージアプリや、電話・チャットなどは手元で簡単にチェック・レスポンスが可能。ちょっとした移動や会議の途中にも、大事なメッセージや連絡を見逃す心配がありません。

アプリで広がる可能性

applewatch_0317_4.jpg

ほかにも、Apple Watch専用アプリを使えばさまざまな情報を腕もとで確認可能に。登録した最寄駅からの電車の発車時刻をカウントダウンしてくれる駅.Locky や、カレンダー上の次の予定から逆算し、出発時間を教えてくれるPROPELa。急な雨を教えてくれるアメミルなどビジネスパーソンに役立つアプリも揃っています。

アクティブライフを彩るApple Watch

続けてフィットネス機能を見て行きましょう。どうしても運動不足になりがちなビジネスパーソンにとって、運動をするためのモチベーションや機会を与えてくれるアイテムや重要なパートナー。「小さな行動の変化でも長期的に続けていくと健康に対して大きなインパクトをもたらすことができます。Apple Watch はその一助となるようデザインされています。」とApple Watchのフィットネス技術担当ジェイ・ブラニック氏が語るように、Apple Watchはアクティビティや健康に最適化されたプロダクト。アプリケーションはもちろんのこと、基本機能もふくめさまざまな健康に寄与する機能が用意されています。

アクティビティをシェアすることでモチベーションをキープ

applewatch_0317_5.jpg

Apple Watch標準のアクティビティ機能は、歩数を記録するだけにとどまらず、一日の活動量や運動量を総合的にとらえて記録することができます。しかもそのアクティビティは家族や友達と共有することが可能。「昨日すごい運動してたね」「週末ずっと寝てたでしょ?」といった会話を通して、友人や同僚と盛り上がることもでき、時間や場所を共有しなくても誰かと一緒に運動をしているという意味で、モチベーションを高めることにも繋がります。

心と体を整える「呼吸」アプリ

applewatch_0317_6.gif

Apple Watchの「呼吸」アプリは、心と体を整える近年シリコンバレーを中心に流行している「マインドフルネス(瞑想)」の考え方を取り入れたアプリケーション。

1分間の深呼吸のセッションを行なうサポートをするアプリなのですが、「呼吸アプリケーションは、毎日の中でほんの短い時間でもシンプルな深呼吸をすることで、より心を静めたり、体をリラックスさせやすくし、毎日のストレスをより乗り越えやすくなるように促します。」とジェイ氏も語るように、心と体を整えたり、リラックスする効果があると言われています。

マインドフルネス(瞑想)は日本人には禅の考え方に基づく比較的なじみのあるカルチャーですが、シリコンバレーでは一大ブームとなっており、脳科学的に見てもリラックスなどの効果があるといわれています。

新生活で忙しいなかでも、自分の「心と体を整える」きっかけになってくれそうです。

もちろんファッション要素も

applewatch_0317_7.jpgapplewatch_0317_8.jpg

ここまでApple Watchの機能的な魅力をお伝えしてきましたが、もちろん忘れてはいけないのがファッション的要素。Apple Watchといえば様々なカラーバリエーションが用意されるとともに、交換バンドが非常に多く展開されていることも魅力の1つ。

レザーや、ステンレス、ナイロン、スポーツなどバンドを交換するだけで、お出かけ用にも、仕事用にもスポーツウォッチにも変身でき、何本も時計を買わずとも1本でさまざまな場面に合わせて利用できちゃうんです。またApple Watchは文字盤のカスタムもできるので、仕事用、オフ用、ランニング用などTPOに合わせ、文字盤を切り替えるのも楽しみのひとつです。

機能面でもビジュアル面でも魅力的なApple Watch。春からの新生活、共に時を刻むパートナーとして、選んでみてはいかがでしょうか。

text : Kazuyuki Koyama
Cover photo by shutterstock.com