ブログ「東京ファッションダイアリー」、ジャーナリスト/スタイリスト

矛盾したメッセージが行き交う今のファッション業界

矛盾したメッセージが行き交う今のファッション業界の画像

 ファッション業界人だけでなく、ファッションファンまでもみんな口を揃えて言うことがある。"ファッションは今すごく複雑で奇妙な局面を迎えている"。 →シーズンはごちゃごちゃだし、デザイナーもトレンドもコピー商品もあらゆるところにあって、それに振り回される消費は疲れて燃え尽きてしまっている。若手デザイナーたちは終わらない不況の中でもがいている一方、ハイファッションの価格は上がり続け、お金のある人たちでさえ買うのをためらうほどになっている...。

ファッションを仕事にする者としてだけでなく、ひとりのファッションファンとして、最近思うことがある。それは私自身この業界に対してがっかりしたり、フラストレーションを感じることが多々あるということだ。そしてこの問題を投げかけるには今が絶好のタイミングなのではないかとも思う。きっと同じことを感じている人がたくさんいるから。

主に、私が感じているポイントは3つ。

デザインに関して

消費者と価格に関して

最後に、流通に関して

日本にいる身としてここで語ることは東京についての話になるが、これは世界中で起きていることに違いない。特に最初に取り上げるこの、"デザイン"にまつわる現状については。

デザイナーは、"普通の人"向けにデザインをしなければ服が売れないけれど、消費者はそれを見て、全部同じだという。答えはあるのか??

Ask any fashion industry professional or even just a fashion fan and everyone will tell you that fashion is really in a strange place right now; the seasons are all over the place, the designers are all over the place, trends and copycats are all over the place, and consumers are burnt out and frustrated. Young designers are in a state of perpetual stagnation. Prices for designer and luxury fashion keeps skyrocketing. Even people who have some money to spend can't get the things they want.

As both a fashion professional and fashion obsessee myself, I find I am often disappointed or even annoyed at the industry's inability to fix itself. But there are a few things that I have noticed and that I have been mulling over, and I suppose now is a better time than never to put it out into the universe. Perhaps the universe will throw a bone back.

I've been thinking about three points in particular:

The state of design

The state of consumers and prices

The state of distribution

Being in Japan, I can pretty much only speak for Tokyo, but it's not all specific to this region. Especially this first point that I want to discuss: the state of design.

doublet_20160518_02.jpg

今や、イノベーティブで興奮するような服を見られる場所はヤングデザイナーのランウェイや学生コンテストに限られてしまった気がして寂しく思う。とはいえ、若手のクリエーションにはいつもとても感動させられる。それはすごく嬉しいことだ。特に日本には、いたるところにファンタジーなものづくりをするニューフェイスが大勢いる。だけど、そんな夢のようなクリエイティビティの安全地帯も、もはやコマーシャリズム(商業主義)に飲み込まれそうになっているのだ。

以前、学生のファッションコンテストの審査員をさせていただいたときのこと。いつも、このコンテストの優勝者の作品はとてもイノベーティブなデザインである傾向がある。つまり、リアルクローズには程遠いのだ。結果発表の後、審査員席に並ぶベテランデザイナー達はひとりずつ意見や応援のコメントや今後のクリエーションへのアドバイスを述べる。だいたい、デザインやテクニックに感心したという内容と、まったく逆の内容と、半々ぐらいになることが多い。"コスチュームっぽすぎる"とか、"コマーシャルなデザインを学べ"とか、"売れる服を作らなければ生き残れない"だとか。

...会場はシーンと静まり返っていた。

がしかし、1位に選ばれている作品はユニークでとても売れる服ではないデザインのもので、コマーシャルチックな作品は何の賞も受賞できていないことをみると、この場所で"売れる服"を求めるのは畑が違うし、言われた方も?が浮かんでいることだろうと思う。

なんか見たことある。もっと新しいことをして!

やりすぎかも。これじゃ売れないよ!

これは、新人、ベテランにかかわらずすべてのデザイナーにのしかかっている矛盾なのである。

んー。どっちが正しいのか、ってというと、どっちもダメだと思う。傾きすぎるというのは。

"バランスをとる"。私に言えるのはこれくらいだ。

"Designers can't sell if they don't design for the average person, but consumers complain that everything looks the same."

It seems the only place we can find some very exciting innovation is on the runways of young brand or student contests. And they really can be quite inspiring and lovely to witness...especially in Japan where you can imagine things get very fantastical at every turn. But even these places aren't safe from the reality of commercialism now.

I was attending a fashion contest for students with a panel of veteran Japanese designers as judges. Generally, the winners of this particular contest put out some very innovative, experimental designs, rather than off-the-rack looks. At one point, the veteran designers each offer their opinions, words of encouragement, or advice to a hall full of young fashion hopefuls. Half the designers were excited at the diverse range of designs and techniques, but the other half were less than impressed. "What is with all of these costumes? Stop living a fantasy, and learn to design commercial clothes or you cannot survive."

...the room was very quiet, to say the least.

Meanwhile, the winners of the contest showed unusual and unique designs while the more "commercial" pieces did not receive any prizes. So, that rant about commercial clothing seemed very out of place and quite sudden.

That's already been done! Do something new!

That's too much! Do something sellable!

...these are contradictory statements, and yet they are both being pounded into the heads of every designer, whether young or veteran.

It seems to me the answer here is "seek balance".

doublet_20160518_03.jpgバランスというと?そう、当たり前かもしれないけど、クリエイションがあって、売れるものがあって、それ=満腹なるコレクションだと思う。

世界で名が売れている日本のブランドはすでに事実に直面しているだろうが、日本で売れるのは"コマーシャルな服"だ。でも海外市場では"イノベーション"が求められる。革新的な何かがないと相手にしてもらえないのだ。成功しているブランドは決まって、両者のバランスをうまくとっている。

日本と海外のマーケットに違いがあることは当然だし、各特徴にもうなずける。ただ、私が伝えたいのは「このメッセージは、失望をもたらすものではなく激励になれば」ということ。コマーシャルかイノベーティブか、そのどちらかになる必要はない。そしてヤングデザイナーにはどんどん自由に思いっきりワイルドなものづくりをしてほしいし、(その中でも、トレンドを見失わないことが成功のカギだと思う) ベテランデザイナーにはイノベーティブであることを忘れないでほしいと思う。

矛盾したメッセージが行き交う今のファッション業界。私を始め多くの人が混乱していると、ひしひしと感じる。ま、結局ザラしかない世界にならないで欲しい。ってか、クリエイションがなければザラがコピーできるモノもなくなるからね。皮肉的な業界ですね(ザラをコピーするVETEMENTSは非現実的ではないと思う)。。。

Japanese brands who are trying to make a name for themselves abroad already know the truth: to sell in Japan, only show the commercial pieces. To sell abroad, you MUST show some innovation.In this way, the most successful designers must balance the two.

This makes sense. But this message should be one of encouragement, not disparagement. It shouldn't have to be "either" "or". Young designers *should* be free to do the wild things of their imaginations (but the successful ones will be able to catch a trend even while being creative). And as for veteran designers, my hope is they don't forget to be innovative as well.

With all of these mixed messages, I can see how everyone would be confused. Even *I* am confused! As for me, I just hope to see pieces that all don't look like something sold at Zara. Here's a philosophical question: if creators to copy disappear will Zara cease to exist? What a cynical industry we are in. I'm just waiting for the uber-expensive VETEMENTS-copies-Zara collection now...

PS ここに記載している画像はみんなDoubletの17年秋冬のショーから。その「クリエイションとコマーシャルのバランス」をうまく取っているブランドだと思う。また今度掘り探りたいと思う。
PS The pics on here are from the latest Doublet show, a brand that I think gets the "balance" of creation/uniquness and saleability VERY well. Will be looking to get more into Doublet soon.

ミーシャジャネット