Fashion

東コレ中止の可能性も ショーやイベント中止相次ぐ

Update:

東コレ(JFW)開催中止が決定 大震災の影響

ato 先シーズンの2011年SSコレクションより
 3月11日に発生した東北巨大地震の影響を受け、ファッションショーやイベントを延期・中止するブランドが相次いでいる。年に2回の新作コレクション発表の場、第12回「東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW in Tokyo)」開催直前の14日、「NOZOMI ISHIGURO Haute Couture(ノゾミ イシグロ オートクチュール)」、「ato(アトウ)」、「ANREALAGE(アンリアレイジ)」、「SOMARTA(ソマルタ)」などが、ショーの開催を見送ることを明らかにした。
— ADの後に記事が続きます —

 東北地方を中心に大きな被害をもたらした東北地方太平洋沖地震の影響が、日本のファッション業界にも影を落としている。計画停電や電力不足に伴った商業施設の休業をはじめ、都内で開催が予定されていたイベントや新商品発表会の中止、2011-12年秋冬シーズンの新作を発表するファッションショーの自粛や延期が続々と決定。間近に控えたファッションウィーク(JFW)の開催も現在協議に入っており、中止の可能性もある。

 震災当日に予定されていた「sunaokuwahara(スナオクワハラ)」のプレゼンテーションは、急遽開催を中止した。続いて16日に予定している「JUN ASHIDA(ジュン アシダ)」、「JOTARO SAITO(ジョウタロウ サイトウ)」、「CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)」、18日の「NOZOMI ISHIGURO Haute Couture」がショーの延期を決定。3月21日にスタートする東京コレクション・ウィーク期間中に発表予定だった「ato」や「ANREALAGE」、「banal chic bizarre(バナル シック ビザール)」、「JUNYA TASHIRO(ジュンヤ タシロ)」、「SOMARTA」なども、コレクション発表の中止または延期を決断した。いずれのデザイナーも、被災地が少しでも早く復旧することを祈るとともに、震災直後ということもあって節電の必要性や外国人モデルの帰国、会場が確保できないことなどの要因が重なり、苦渋の決断に至っている。その他、「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」「PHENOMENON(フェノメノン)」といったブランドも、実施可否について検討を重ねている状況だ。

 「JFW」を運営する日本ファッション・ウィーク推進機構は14日、地震の影響を鑑みて18日の「アジアンデザイナーズコレクション」、21日の「オープニングセレモニー」、25日の「JFWアフターパーティー」の開催中止を発表。「第12回JFW」および主催イベントである3月21日~25日の「東京コレクション・ウィーク」については、15日にも開催可否を発表する予定としている。


■2011-12AW 東京コレクション開催予定 ※随時更新
3月11日 sunaokuwahara ー中止ー
3月16日 JUN ASHIDA ー延期ー
     JOTARO SAITO ー延期ー
     CHRISTIAN DADA ー延期ー
3月18日 White Mountaineering ー中止ー
     NOZOMI ISHIGURO Haute Couture ー中止ー
3月19日 mercibeaucoup, ー中止ー
3月21日 banal chic bizarre ー中止ー
3月21日 ato ー延期ー
3月22日 GUT'S DYNAMITE CABARETS ー中止ー
     JUNYA TASHIRO ー中止ー
     ANREALAGE ー延期ー
     yoshio kubo ー中止ー
3月23日 MOLFIC ー延期ー
     IN-PROCESS BY HALL OHARA
3月24日 fur fur ー中止ー
     matohu ー延期ー
     G.V.G.V. ー中止ー
3月25日 SOMARTA ー延期ー
     beautiful people ー中止ー
     araisara ー延期ー
     motonari ono ー延期ー

■東北地方太平洋沖地震の都道府県別、災害救援情報まとめサイト
 SAVE JAPAN!:http://savejapan.simone-inc.com/

■被災地での生活を助けるデザイン・アイディアを集めたサイト
 OLIVE:https://sites.google.com/site/olivesoce/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング