excite ism

癒しと食の複合温泉施設「アクアイグニス」

excite ism

都市生活者のためのライフスタイルマガジン。

フォローする:

  三重県・菰野町で地元の人々に長く愛されてきた片岡温泉が、複合温泉施設「アクアイグニス」として生まれ変わった。アクアは水、イグニスは火を表す言葉。地中から豊かに湧き出る温泉や、青く連なる山々を清らかに流れる川、太陽の恵みなどを連想させる。

E1355211826074_1.jpeg

グランドオープンにあたり、キーマンとなったのがカリスマパティシエの辻口博啓と、イタリアンシェフの奥田政行の2人。

E1355211826074_2.jpeg

11月18日には辻口シェフの大人気ベーカリー「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」が、東京から移転しオープン。三重県産小麦と自家製天然酵母を使用し、石窯で焼き上げたパンが毎日並ぶ。

E1355211826074_3.jpeg


施設の目の前に広がるのは、奥田シェフ監修の無農薬野菜を栽培する会員制農園「畑っちぁーの」と、辻口シェフが運営する大規模なビニールハウスのいちご園「TSUJIGUCHI FARM」。いちごは減農薬栽培で、12月〜5月にはいちご狩りも楽しめる。

E1355211826074_4.jpeg

片岡温泉の入口。施設の総合ディレクターを務めたのが建築家の赤坂知也、アートディレクターを務めたのがアーティストのミヤケマイ。さっそくミヤケの作品が出迎える。

E1355211826074_5.jpeg

エントランスロビーの壁面にもミヤケの作品が。光と影をテーマに、雲母(きら)引きと胡粉(ごふん)で模様を描いた京都の唐紙に、地中のミネラルである鉄鋳物のオブジェを展示。また水面の揺らぎを表現した円形ベンチと、雨の雫や星のようにも見えるペンダントライトは、デザイナーの廣田尚子による作品。

E1355211826074_6.jpeg


受付フロントの壁面には、アーティストの諸泉茂の作品が展示されている。無数の温度計を並列することで、温度、つまり環境の水平線を表現。

E1355211826074_7.jpeg

温泉カフェでは、温泉水で淹れたコーヒーやオリジナルドリンクを楽しめる。カフェのテーブルと椅子はデザイナーの藤森泰司の作品。壁面には、アーティストの牛島孝が描いた絵が飾られている。銀や真鍮など金属の泊と、和紙を重ねた絵で、観る人によって印象が変化することを狙った。

E1355211826074_8.jpeg


ライブラリーに点在するのは、建築設計事務所のトラフがデザインした「コロロデスク」。デスク内には5つのテーマに即して、5色に分けてカバーを掛けた本がそれぞれ収まっている。本のセレクトをしたのは、内沼晋太郎。温泉、料理、農業、クリエイション、三重県の歴史や観光についての本が並んでいる。ここを一人書斎として楽しむもよし。

E1355211826074_9.jpeg

床を上げて琉球畳を敷いた、広い休憩所。大中小と特大のビーズクッションが至るところに点在し、温泉から上がった人々が自由に寝そべってくつろげるようになっている。家具コーディネートをしたのは建築家の堀岡勝。奥の窓辺には石巻工房が製作した縁台があり、風呂上がりに人々が将棋を指して楽しんだ名残がある。

E1355211826074_10.jpeg

片岡温泉の内風呂「竹林風呂」の入口には、中川政七商店が製作した、鹿が描かれた大きな暖簾が掛かっている。片岡温泉は加水、加温、循環、添加物はいっさい無しの源泉掛け流し風呂。内風呂の外には、竹林の茂る露天風呂もある。料金は大人600円、子供300円で、リニューアル以前と変わらない値段にしたところからも、地元の人々を大切にする思いが伝わる。

E1355211826074_11.jpeg

回廊を抜けると、宿泊棟へ。テキスタイルデザイナーの安東陽子がコーディネートした、カーテンや座布団で彩られた8畳の和室で、リーズナブルに泊まることができる。料金は大人5,500円、小学生未満は無料。

E1355211826074_12.jpeg

オーガニック離れ宿」へと続く小道。国産の杉、松、栗、檜をそれぞれ躯体や床材に使用した4棟の宿が並ぶ。料金は大人25,000円、中学生未満は10,000円、3歳未満は無料。8人まで宿泊可能で、1棟貸しは100,000円。いずれも専用露天風呂が付いていて、大家族や仲間同士で利用するのに最適だ。

E1355211826074_13.jpeg

離れ宿「杉」は、廣田尚子がインテリアコーディネートを手がけた。3室から成り、真ん中の部屋では天井から吊り下げられたブランコのような椅子がブラブラと揺れる。

E1355211826074_14.jpeg

離れ宿「松」は、トラフがインテリアコーディネートを手がけた。板間と畳がフラットに続く開放的な間取りで、和室をコンテンポラリーに演出。テラスにはハンモックが吊るされている。


E1355211826074_15.jpeg

離れ宿「栗」は、デザイナーの山田佳一朗がインテリアコーディネートを手がけた。落ち着きのある、上質な空間を提案。和室には栗をイメージしたかわいいクッションが並んでいる。

E1355211826074_16.jpeg

離れ宿「檜」は、藤森泰司がインテリアコーディネートを手がけた。4つの宿のうち一番コンパクトな宿で、自宅のリビングのようにくつろげる空間を提案。室内中に檜の香りがフワッと漂う。

E1355211826074_17.jpeg

離れ宿「檜」のテラスデッキに設えられた専用露天風呂。檜の香りが漂う風呂で、目を留めるのはアーティストの藤堂良門による石とガラスの作品。このように何人ものクリエイターが施設づくりに参加しているのが特徴だ。作品と空間が一体となり、訪問客に新しい楽しみ方を提案してくれる。

「アクアイグニス」
住所:三重県三重郡菰野町菰野4800-1
Tel. 059-394-7733

取材/杉江あこ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング