Business

フリマアプリ「メルカリ」が14.5億円調達 アメリカ進出を発表

ロゴ
Image by: メルカリ
 日本最大級のフリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリが3月31日、グローバル・ブレインやグロービス・キャピタル・パートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)などを引受先とする総額14.5億円の第三者割当増資を実施したと発表した。国内での開発体制、PR、カスタマーサポートの強化に加えて、アメリカでの事業立ち上げを目的としている。

 今回の増資でメルカリは、アメリカへの子会社設立を発表。元Rock You, Inc.創業者で取締役の石塚亮氏が赴任し、アメリカで早期のアプリリリースを目指すという。発表に合わせ、元ミクシィ取締役の小泉文明氏が取締役、グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一氏が社外取締役にそれぞれ就任することも公表された。

 スマートフォンから簡単に売り買いが行えるフリマアプリ「メルカリ」は、2013年7月にリリース。8ヶ月強でアプリのダウンロード数は150万件を突破し、1日の出品数は数万件、月間の流通総額は数億円まで拡大しているという。App StoreとGoogle Playの2013年ベストアプリにも選出されている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング