Fashion

日本のテーラー&マイスターが集結「男のニッポン匠展」クールウールに注目

COOL WOOL バンチブック
COOL WOOL バンチブック
Image by: Fashionsnap.com
 伊勢丹新宿店に、日本を代表するテーラーと各ジャンルのマイスターが集結する。4月9日~14日、本館7階 催物場で「~JAPAN SENSES~ 男のニッポン匠展」が開催。オーダーメイド用のスーツ地では、夏に最適な「COOL WOOL(クールウール)」が豊富にそろう。

 「~JAPAN SENSES~ 男のニッポン匠展」は、三越伊勢丹が4月1日から開催している、もの作りを通じた日本の良さを提案する「JAPAN SENSES(ジャパン・センスィズ)」の関連イベント。イセタンメンズと雑誌「MEN'S EX」のコラボレート企画で、各カテゴリーの匠による実演販売やオーダーイベントが実施され、世界に誇る日本のもの作りの技が集まる。参加するのは、リッドテーラーの根本修氏や英国ヘンリー・プールでキャリアを積んだ鈴木一朗氏など9人のテーラーと、靴や鞄、革小物などのマイスター13人。様々な日本の逸品の展示販売も行われる。

 クールビズの影響で日本のビジネスマンの服装のカジュアル化が進んでいるが、三越伊勢丹ビジネスクロージングバイヤー鏡陽介氏は近年の傾向として「個性を表現する為のツールとしてスーツを活用する人が増えてきている」と見ており、オーダースーツの需要が徐々に拡大しているという。日本の高温多湿に最適な素材として軽量で通気性に優れた「COOL WOOL」にフォーカスし、会場ではザ・ウールマーク・カンパニーの春夏用生地見本「COOL WOOL」バンチブックを、日・英・伊の国別に用意する。日本からは長大と御幸毛織が参加しており、世界を代表する素材メーカー8社180種の素材がそろう。

■COOL WOOLとは?
 ウール世界三大産地の尾州レポート

■~JAPAN SENSES~ 男のニッポン匠展
 場所:伊勢丹新宿店本館7階 催物場
 期間:2014年4月9日(水)~14日(月)
 時間:10時30分~20時※最終日は18時閉場

coolwool_logo_0101s.jpg

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング