ブログ「東京ファッションダイアリー」、ジャーナリスト/スタイリスト

東京に来て10年 日本のファッション界と自分について考えた

東京に来て10年 日本のファッション界と自分について考えたの画像

I stood still in the middle of Shibuya scramble crossing one spring day when I was 18 years old, the crowd swarming around me in all directions like koi in a pond. J-pop played on the jumbo screen, it was a mix of words I could and couldn't discern. It felt energetic...like a vortex, some kind of gravitational pull into an unknown planet in the center of some dream-like universe. I have always been a person of extremes; either go really safe or just go wild, quit cold turkey or inhale at once. So for American me to make a decision like this was a life-altering sacrament. I decided: "I'm going to live RIGHT. HERE."

Well, I never expected this day to come, or that I would ever actually be saying this out loud, but I have lived in Tokyo... for TEN years! I know you all can count, but that's 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 (!) years in one of the places considered *most* different from the culture I grew up in... (and oh how grateful I am, because I couldn't have made it this far without lots of support.....) There is so much I have learned in these 10 years, not only about living in Tokyo, but about working in fashion in general.

ミーシャの周り360℃人だらけの渋谷スクランブル交差点、真ん中にひとり立っていた18歳の春。まだついこないだのような感じがする。流行りのJ-POPが大画面で流れて、そこには理解できる言葉とできない言葉が混ざってた。やる気に満ち溢れ、なにか大きな力によって夢の中の知らない惑星に引き寄せられたような感覚だった。極端な性格で、堅実に生きるのかワイルドになるのか、自立するのか甘えるのか....そう、アメリカ人のミーシャは人生の誓いをたてて生きてきた。 そして、あのとき"ここ"で生きていこうと決めた。

こんな日が迎えられるなんて思ったなかった。しかも、それをこんな風に公言する日が来るとも想像してなかった。....ミーシャ、東京に来て10年経ちました!ミーシャの育った環境と180℃違う文化のこの場所に1、2、3、4、5、6、7、8、9、10年!皆さんの支えがなければ絶対にできなかった。とても感謝しています。この10年間で学んだことは数知れず。東京で生きてく術だけじゃない、ファッション界で生きて行くということとか。

tokoy_20140420_02.jpg

The thing that anyone who lives in a metropolis can attest, is that people will always come and go. Tokyo is no exception. I have made and "lost" friends who move away more than I can count. Their decisions I cannot protest, to each his own. But I have never had anyone look down upon my decision to stay in Tokyo for so long. Mostly because it wasn't exactly a conscious decision...it just happened. And it helps that Tokyo is amazing.

It's been a wonderful ride. People ask me if I will live in Tokyo "forever" and I actually get offended by that question. I mean, I cannot predict the future. Things change. People change. Technology changes, careers change, skills change. I am not currently tied down to Tokyo at all. If I wanted to move I could technically leave tomorrow. I have spent my entire 20s in this metropolis. I do know that if I ever had to depart, Tokyo will come with me as it has shaped me into the person I am, the aesthetics, the attitude, how I react in situations, how I talk, how I think, how I dress, how I judge others, my palette for gourmet, my creativity, my integrity, my relationships, and my outlook.*

都会に住んでいると、人々はみんなやって来ては去って行くの繰り返しだって感じる。東京も例外じゃない。たくさん友達ができたけど、 遠くへ行ってしまった友達も数え切れない程いる。彼らの決断に口出しは出来ない、だってそれは彼ら自身のものだからね。ミーシャが東京に長くいることに対してもまた、誰も反対しなかった。たぶんそれは、意識して決断したことじゃなくて、東京が素晴らしいシティで、いつの間にか時が経ってたというハプニングだったからだと思う。

よく、人に東京に"ずっと"住むの?って聞かれることがある。本当のこと言うと、予言者じゃないんだからずっとかどうかなんて分からないよって思ったりしてた。人もテクノロジーもキャリアもスキルもみんな変化していく。最近のミーシャは、もし場所を変えたいと思ったら明日にでも東京を去るだってできる(未婚だしw)。でもこれは言える:私が華の20代をこの大都会東京で過ごし、東京と一緒に成長した。東京がミーシャをつくった。だからもし東京を離れることになってもミーシャの中から東京は一生消えない。美学、振る舞い、リアクション、話し方、考え方、着飾り方、他人の見方、食の好み、創造性、人格、人間関係、そしてルックス。ぜんぶ東京で作り上げた。

tokoy_20140420_03.jpg

Some of my Tokyo work. Photo: Yonehara Kitaro

Also;

*If anyone tells you that to "make it in fashion you HAVE to be a bitch" they are trying to sabotage you. This industry is all about using connections and working with other people, and no one wants to work with an asshole. Some of the most successful people I have met around the world are also kind and real. I'll preach it to the choir.

*No one will steal your shit. If I was living abroad, I would be on my 14th iPhone by now. The perfect city for daydreamers, and people not always paying attention. I was in NYC and had a pair of used Tsumori Chisato heels pilfered from my *bag*. WTF.

*Low fashion crime rate. I often say this, but the reason that subcultures in Tokyo have been able to flourish is because people don't bother each other about what they are wearing. In the U.S., it seems everyone makes it their own business what strangers are using to cover themselves. GET OUT OF MY GRILL. In Tokyo, you can wear whatever you want and people will leave you the fuck alone. Paradise.

*The fashion industry is HUGE. Everyone says that the industry is so small, which is true to a point... especially in places like NYC and London etc... but Tokyo's is massive. There are so many segments and subcultures and levels and targets, and considering that the middle class is EXTREMELY fashionable (much more so than in the west), you get a huge mix of insiders/fans/pros *and* wannabes.

*The fashion industry is global but it is not one world. The fashion in Brazil is different from NYC is different from Oslo is different from Singapore. You cannot expect to sell the same ideas in the same way because you cannot meld an entire society to you ideals. Maybe just a handful of people. Japan is one muthereffing *unique* society and its people expect certain things to be laid out in certain ways. If you want to break into this market with a brand, you must compromise. Once you are trusted, the people are very loyal.

色々学んできました。たとえば:

*もし、ファッション界に生きるならビッチにならないといけないよっていう人がいたら、それはただ邪魔をしたいだけの意地悪。ファッション界って実はコネクション命の世界で、コネがあるからたくさんの人と仕事ができる。誰もおばかビッチさんとは仕事したくないからね。ミーシャが世界で出会った成功者たちはみんな優しくて現実的だった。これは多くの人に伝えたい事実。

*東京はどろぼうがいない。もし、海外に住んでたらきっとミーシャのiphoneは今頃14台目かも。天然ちゃんにはパーフェクトシティ。人の目も気にならない。ニューヨークにいたときなんて、まさかのバッグからツモリチサトのヒールが盗まれた件。治安のいい街が最高。

*ファッション犯罪比率が低い。これはよく言ってる話だけど、東京のサブカルファッションがここまで勢いがある理由はお互いがお互いに何をきてるのかとか気にしないからだと思う。アメリカでは自分をどれだけ奇抜に着飾るかって他人にいわれる。余計な世話だ!東京では何を着ようと何も言われないし、自分を着飾ることを自由に楽しめる。うーパラダイス!

*東京のファッション業界はでかい。みんなは狭いねーって口を揃えて言うけど、(いや、ある意味それは本当で、ニューヨークやロンドンでは業界は狭いような気がする。)でも、東京はめちゃでかい。いろんなグループ、サブカル、レベル、ターゲットがある。そしてなにより、ミドルクラスのおしゃれ度が高い。海外より全然おしゃれ。ファンやプロや関係者、憧れの的とかいろんな人がいるよね。

tokoy_20140420_04.jpg

Pics by Mami Tanabe

After 10 years I start to reflect on who I am. I get it that many people don't know who I really am...or WHAT I am. Let's see some favorites...

-Cafe: Delicatessen at Park Hyatt Shinjuku
-Restaurant: Dazzle at Mikimoto 2 in Ginza or The Molecular Bar at the Mandarin Hotel.
-J-Drama: Miseinen (!!)
-TV show: (old school) Friends. (new school) Game of Thrones & American Horror Story
-Designer: Alexander McQueen
-Muse: Isabella Blow

-Photographer: Tim Walker
-Movie: The Matrix
-Manga: God Child
-Anime: Shojo Kakumei Utena
-J-band: L'arc~en~ciel
-Song: Halycyon+on+on by Orbital
-Final Fantasy: VIII (DO NOT ARGUE WITH ME)
-City to visit: Toss up between NYC and Shanghai
-Color: dark purple
-Lunch spot: Nicolai Bergmann
-Karaoke song: "Mercy" by Kanye West & Pink Lady's "UFO"
-AKB48 member: *PSYCH* don't have one, sorry...
-Blog: My own.
-Disney Movie: Sleeping Beauty
-Ghibli movie: Spirited Away
-Drink: Dry white wine, like a sharp Viognier
-Motto: Never say Never

*and 7-11′s soft-boiled salted eggs. I love them like a prodigal son.

この10年、ミーシャは自分と向き合って自分とはいったい誰なのか考えてきた。誰しも自分が何者なのかなんて分からないんだってことが分かった。

-カフェ: パークハイアット新宿のデリカテッセン
-レストラン: 銀座のダズル or マンダリンホテルのモラキュラーバー
-日本のドラマ: 未成年 (!!)
-テレビ: 昔のだったら"フレンズ" 最近のだったら"ゲームオブスローンズ"と"アメリカンホラーストーリー"
-デザイナー: アレキサンダー マックイーン
-個人的なミューズ: イザベラブロー
-フォトグラファー : ティムウォーカー
-映画: マトリックス
-漫画: ゴッドチャイルド
-アニメ: 少女革命ウテナ
-J-バンド : L'arc~en~ciel
-歌 : Orbitalの Halycyon+on+on
-ファイナルファンタジー: VIII (意見は受け付けません!笑)
-旅行するなら : ニューヨークか上海!決められない!
-色 : ダークパープル
-ランチするなら : ニコライバーグマン
-カラオケ18番 : Kanye Westの"Mercy" とピンクレディーの"UFO"
-AKBメンバー : 申し訳ないけど...いない。
-ブログ : ミーシャのブログ
-ディズニー映画: 眠れる森の美女
-ジブリ映画 : 千と千尋の神隠し
-ドリンク: 辛口白ワイン, ヴィオニエ
-モットー : 絶対に諦めない

※あ、そうそうセブンの塩味ゆで卵。あれ大好きで、ないと生きていせない。笑

The photos are a thanks to all the people who have come and stayed or come and gone... thanks to all for coming into my life, for accompanying me to events, clubs, birthdays, wedding, births, tragedies, picnics, travel and many more.

みなさんへ感謝に気持ちを伝えきれない。イベント、クラブ、カラオケ、誕生日、ピクニック、ウェディング、ハプニング、旅行など、色々付き合ってくれてありがとう。ここからまた新しい10年がはじまる...

tokyo_20140420_05.jpg

-misha janette
-natsumi yasuoka

ミーシャジャネット