Fashion

Diorがブルックリンで2015年クルーズコレクション発表

Dior 2015年クルーズコレクション
Dior 2015年クルーズコレクション
Image by: Dior
 「Dior(ディオール)」が5月7日、アメリカNYにあるブルックリン海軍工廠(Brooklyn Navy Yard)で2015年クルーズコレクションのランウェイショーを開催した。アーティスティック ディレクターRaf Simons (ラフ・シモンズ)はアメリカのアイデアを取り入れ、「Dior」の本質とヨーロッパの感性を組み合わせたという。
 

 Raf Simonsは、「ポップカルチャーやエネルギーが生きるこの地は、スタイルのるつぼでありながら常に強さを感じる。アップタウンやダウンタウン、東あるいは西海岸、それぞれに強くてリアルな女性の装いがある」というアメリカから絶えずインスピレーションを受けているという。ハンドペイントのシルクスカーフをモチーフに、「Dior」の伝統と遊び心の要素、そして自由な感性が反映された。

 会場になったブルックリン海軍工廠はイーストリバーのほとりに位置し、内部にミラーやLEDを設置して「Dior」のショーを演出。Rihanna(リアーナ)やフランスの女優Marion Cotillard(マリオン・コティヤール)など多数のゲストが訪れた。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング