fashionjournal

イオントップバリュ新アンダーウェアCMの評価が二分

fashionjournal

ファッションブロガー

フォローする:

topic

それは、幸せを感じるほどの心地よさ。

イオントップバリュの商品PEACE FIT(ピースフィット)のキャッチコピーです。下着はメンズ、レディース、ボーイズ、ガールズというラインナップと、ベッドアイテムがあります。

キャンペーンサイトのPEACE FIT(ピースフィット)の説明の一部では、「蒸し暑い夏は、蒸れない快適を。寒い冬は包まれるような暖かさを。」とあるように今回の夏に始まり、冬の展開も予測することができます。

そんなPEACE FIT(ピースフィット)のCMが印象的です。ユーチューブ公開の映像では5月18日時点で高評価が51、低評価が31と、クリエイションへの評価が分かれました。一度の視聴で、評価が分かれた理由に納得される方も多いはず。

essence

PEACE FIT(ピースフィット)のCMをテレビで見た時に、目にとまり、耳に残りました。

目にとまった要因は、服を着ている状態から、着ていない状態へと移り変わった急激な変化と、加えて駅の改札に大勢の下着姿の大人達がいるというあり得ない状況の絵に起因しています。

耳に残る要因は、「モイスチャー、フューチャー♪、、」というトラックの短い間隔でのループにあるように感じます。また、心地よい音質に関しては、幸福と心地よさのコンセプトが体現されています。

そのように印象に残る所が、広告効果として優れている点ではないでしょうか。しかし、反論として考えられるのが、そのクリエイションとして印象には残るが、商品の良さの伝達や、商品への興味を感化させることができているのかという部分です。

その反論に対しては、昨今、多くの快適をうたう下着が存在する中、際立つ必要があるという点において、商品の機能に視点を置くのではなく、PEACE FIT(ピースフィット)という商品全体のイメージを印象付けるということに目的が置かれているように思われます。

もちろん商品は機能的なものを用意したのだけれど、その機能的で心地よいという価値がマーケットにおいてめずらしいことではないという事実があるならば、商品全体の印象づけを行う必要があるということなのだと思います。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング