Fashion

【動画】木村伊兵衛賞を受賞した森栄喜が制作 マラミュートが初のショートムービー公開

malamute
malamute
Image by: 森栄喜

 「MIKIO SAKABE(ミキオサカベ)」や「Jenny Fax(ジェニーファックス)」のニットを手がける小高真理によるブランド「malamute(マラミュート)」が、初のショートムービーを発表した。撮影は写真集「intimacy」で今年木村伊兵衛賞を受賞した写真家の森栄喜が担当。2015年春夏コレクションの世界観を反映させた約30秒のショートムービー2タイトルがYouTubeで公開されている。

 

 今回発表されたショートムービーは、コレクションのキーワードの一つの「チューニング」をイメージして映像化した作品。一連の流れをカットなしでまとめ、音楽も今回の映像に合わせ、森一馬がオリジナルで制作した。森栄喜は「『malamute』というブランドの世界観、撮影地の鎌倉、そして今回のコレクションのインスピレーションにもなった、デザイナー小高さんのお父様の写真アルバムにおさめられていた70年代の時代の音色。この3つの要素をヒントにしたストーリーを、約30秒の映像に編み込みました」とコメント。2015年春夏コレクションは展示会形式で、10月中旬に発表される。

 「malamute」は、様々な東京コレクションブランドのニットを製作してきた文化ファッション大学院大学出身の小高真里が立ち上げたウィメンズブランド。ニットならではのテクスチャやフォルムを活かしたものづくりが特徴で、コートやスカート、パンツなど全てのアイテムにニットを使用している。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング