Fashion

ギャップキッズ、バスキア&キース・ヘリング作品とコラボ

Image by Gap
Image by: Gap

 「ギャップキッズ(GapKids)」と「ベビーギャップ(babyGap)」から、ジャンクフード社とコラボレーションしたコレクションが4月7日に発売される。アーティストのジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)とキース・ヘリング(Keith Haring)の作品にインスピレーションを得たアイテムで構成。原宿や銀座、名古屋栄の全国3店舗とオンラインストアで展開される。

— ADの後に記事が続きます —

 コラボコレクション「ジャンク フード ラブス ギャップキッズ&ベビーギャップ(JUNK FOOD LOVES GAPKIDS & BABYGAP)」は、バスキアとキースの作品に込められたストーリーを子どもの冒険心と創造性を喚起するような遊び心溢れるプリントとして落とし込んでいる。バスキアのコレクションは"彼(バスキア)のおもちゃ箱にはどんなものが入っていただろう?"というイマジネーションを膨らませたグラフィックを、Tシャツやロンパース、ハット、フリップフロップのアクセサリーにプリント。キース・へリングのコレクションでは地下鉄の壁にチョークで絵を描いた「サブウェイ」シリーズにインスピレーションを得て、ブラックアンドホワイトからヴィヴィッドなカラーパレットまで、多彩な色彩とシンボリックな線を対比させたスタイリッシュなアイテムが展開される。価格帯は2,200円から4,900円まで。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング