unbar

染谷将太や広瀬すずなど、細田守最新作「バケモノの子」の声優キャスト発表

unbar

メンズファッションを中心にストリート情報を提供

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

細田守監督 最新作「バケモノの子」キャストが発表された

2006年『時をかける少女』・2009年『サマーウォーズ』・2012年『おおかみこどもの雨と雪』と、手掛けた作品すべてが傑作として評価され、国内外の映画賞を席巻し、今や世界で最も注目を集めるアニメーション映画監督となった細田守。

その3年ぶりとなる最新作『バケモノの子』は、バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちの棲む異世界「渋天街(じゅうてんがい)」での修行と冒険、リアルな渋谷を舞台にした壮大なアクション、そして親子の絆やヒロインとの淡い恋愛など、あらゆる世代が共感できる、エンターテインメントのすべての要素が詰まった《新冒険活劇》です。

ストーリー
この世界には、人間の世界とは別に、もう1つの世界がある。バケモノの世界だ。人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街(じゅうてんがい)】。交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。
ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹の弟子となり、九太という名前を授けられる。
その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった――

そんな本作の声優キャストがこの度発表とった。

熊徹(くまてつ)/役所広司

bakemono20150415-20150415_002.jpg

九太の師匠。【渋天街】(じゅうてんがい)で一二を争う最強のバケモノ。粗暴な性格で、品位のカケラも無い熊徹を演じるのは、細田守監督作品は初参加となる役所広司。

九太(きゅうた)少年期/宮﨑あおい

bakemono20150415-20150415_003.jpg

9歳のとき、ある事をきっかけに両親と離ればなれになってしまった少年 九太。偶然【渋天街】に迷い込んでしまう。どこにも行き場がないため嫌々ながら熊徹の弟子になる。弟子となった九太(きゅうた)の少年期を宮﨑あおいが演じる。宮﨑は前作『おおかみこどもの雨と雪』の母親役とは一転、初の少年役への挑戦となる。

九太(きゅうた)青年期/染谷将太

bakemono20150415-20150415_004.jpg

青年期を演じる染谷将太は、『おおかみこどもの雨と雪』でも小学校教師役で出演。今回は、メインキャストとして参加を果たす。

楓(かえで)/広瀬すず

bakemono20150415-20150415_005.jpg

渋谷にある進学校に通う女子高生。九太と図書館で出会い、一緒に勉強するヒロイン 楓役を演じるのはアニメの声優は本作が初めてとなる広瀬すず。

他にも、熊徹の悪友【多々良(たたら)】に大泉洋。同じく悪友【百秋坊(ひゃくしゅうぼう)】にリリー・フランキー。バケモノを長年束ねる老人【宗師(そうし)】に津川雅彦と、錚々たる顔ぶれがそろった。

■『バケモノの子』

公開日:2015年7月11日(土)

キャスト
役所広司 宮﨑あおい 染谷将太 広瀬すず 大泉洋 リリー・フランキー 津川雅彦

スタッフ
監督・脚本・原作:細田守
作画監督:山下高明 西田達三
美術監督:大森崇 髙松洋平 西川洋一
音楽:高木正勝

©2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

公式サイト
http://www.bakemono-no-ko.jp/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング