Fragments

色が与える心理効果とは?イメージコンサルタントに聞く

Fragments

服が持つストーリーの"ひとかけら"を届けるWebマガジン

フォローする:

第一印象は、会ってほんの数秒で決まる。しかも一度相手に与えたイメージは、後々まで長く残ります。中でも、最初に目に飛び込んでくるのは「色」。特にファッションやメイクなど、色は肌色の見え方、顔立ちや瞳の印象を大きく左右し、その人の印象を決める大切な要素です。

「似合う色は、自分が持つ魅力を最大まで引き出してくれるもの。しかし相手にどんな自分を伝えたいかで、選ぶ色は変わってきます」と話すのは、イメージコンサルタントの高塚唯子さん。

— ADの後に記事が続きます —

オシャレの色選びは、相手に不快感を与えない思いやりも問われるもの。極端な例ですが、お葬式にピンクの服を着ていく人はいませんよね。それは、色にはメッセージがあるから。

自分が好きな色を身につける、またはいつも着慣れた色を身につけるという方も多いでしょう。もちろん、それも間違いではありません。
しかし「相手にどう見えている?」「どんな自分に見せたい?」という客観的な視点をプラスして色を選ぶこと。そうすれば、色の力と相乗効果で、自分の持つ個性や魅力をしっかりアピールすることができます。相手の目を意識した色選びを、心がけたいですね。


営業や商談......信頼感をアピールしたい!

ビジネスの基本色は「ネイビー」。ネイビーは、「信頼」「信用」「誠実」といったイメージを演出する色です。

「一番最初に買うべきスーツはネイビー」と言われるほど、真面目さや誠実さを表す色。ビジネスシーンには欠かせない色です。ほかには「チャコールグレー」も、落ち着いた洗練されたイメージを与えるのでオススメ。

color_20150523_01.png

講演会やプレゼン......堂々とした自分を見せたい!

経営者の方で、人前に立って講演などをするときは、「トゥルーレッド」「ポピーレッド」など、積極的な印象を与える鮮やかな赤がピッタリ。また「ロイヤルブルー」「コバルトブルー」「セルリアンブルー」といった鮮やかなブルーも、華やかさがありながら、知的かつ堂々と見えます。話の内容やシーンに合わせて使い分けましょう。講演会まで着替える時間がないときは、華やかレッドやブルーのアクセサリーに付け替えるだけで効果アリ!

color_20150523_02.png

落ち込んでいる友だちを元気づける!

仕事でミスをしたり、ケンカしたり......悩みは尽きない毎日。パーッと飲んで憂さ晴らししようよ! というときありますよね。そんなときは、どんな色が良いでしょうか?

「明るい」「希望」というメッセージがあるのは「黄色」。「オレンジ」も太陽をイメージする色で、「暖かさ」「陽気さ」を感じさせる色です。
どちらの色も大きな面積よりもアクセントカラーとして取り入れると良いでしょう。全面に取り入れると、「うるさい」「押し付けがましい」といったイメージを与えてしまい、逆効果です。


color_20150523_03.png

それでは、パーッと明るく憂さ晴らし! ......ではなく、じっくり話を聞く会なら?

「グリーン」は気持ちが安らぐ色なので良いでしょう。「冷静」なイメージを与える「ブルー」も、「気持ちを落ち着けよう」と、思ってもらえます。もちろん、友だちと以外にも、例えば部下の悩みを聞くシーンにもオススメの色です。

color_20150523_04.png

カレとデート!

王道の「ピンク」はかわいらしく、女性的な印象を与える色。しかしここにも、色選びのコツがあると、先生は言います。

初めてのデートなら、ペールトーンのピンクで控えめに。回を重ねて、積極的&情熱的にアピールしたいときこそ、鮮やかなピンクを取り入れるのがオススメですよ。

color_20150523_05.png

ただし、ピンクこそうまく似合う色を取り入れないと「幼稚」「わがまま」といった逆のメッセージを発信してしまうので、気をつけて選びたい色と、先生はいいます。

アクセサリーで取り入れよう!

似合う色ほど顔まわりに持ってくるのが効果的、という先生。「服やメイクで色を取り入れるのが苦手という方でも、アクセサリーなら簡単。すぐにいろんな色を揃えられます」とも。

他にはないほどカラーパレット豊富な「MUJUS」のアクセサリーなら、ピッタリのカラーが見つかります。小ぶりの小さなスタッズピアスならオフィスにも。プライベートなら大ぶりアクセサリーでガッツリ取り入れるのも、自由自在!

color_20150523_06.png
color_20150523_07.png

本当に似合う色、理解していますか?

yuiko-takatsuka-20150523_02.jpgここまで読んで、「似合わない色もあるしな」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここで大事なのは、「似合う色」ってどういうことかということ。

例えば「赤」が似合わない、と一言で言っても、実にさまざまな「赤」があります。「ボルドー系の赤なら似合わないけど、オレンジがかった赤なら似合う」という経験はありませんか? 逆に言えば、必ず自分に似合う「赤」はあるということ!

先生が行っているパーソナルカラー診断では、赤ならどんな赤が似合うのか、青ならどんな青が似合うのか、色み・明るさ・鮮やかさを総合して診断。さらに、中でも最も似合って、魅力を最大限引き出してくれる色「サクセスカラー」を導き出してもらえます。

いままで似合わないと思っていた色が案外似合ったり、気づいてなかった自分の魅力に気づいたり。客観的に診断してもらうことで、新たな自分に出会えるかも?!

Cover Image: Some rights reserved by Olga Filonenko via Flickr, under Creative Commons License

MUJUS
Website:http://mujus-jp.com/
問い合わせ先:株式会社ピッカジャパン(03-5614-2233)

【催事情報】
松屋銀座1F スペース・オブ・ギンザ
期間:5月20日(水)~5月26日(火)
住所:東京都中央区銀座3−6−1

Information
今回の講師:高塚唯子さん(たかつか・ゆいこ)

YUINIQUE代表
鹿児島大学法文学部人文学科(心理学専攻)卒。株式会社リクルートフロムエー (現株式会社リクルートジョブズ)で、求人広告・商品広告営業・ 広報宣伝の仕事に従事。退職後、社会保険労務士事務所に勤務。その後、日本におけるイメージコンサルタントの第一人者に師事し、イメージコンサルタントとなる。

Website:http://www.yuinique.com/

120枚のドレープ(色布)を使って、本当に似合う色、自分の魅力を最大限引き出してくれる色はどれかを診断するパーソナルカラー診断は1回あたり20,000円(所要時間2時間)。男性は、ネクタイや小物について、女性は、アクセサリーやお化粧についてのアドバイスも。診断された色を忘れないカラーチャートのプレゼント付き。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング