Fashion

ロンドン気鋭ブランド「シブリング」のジョー・ベイツが癌で死去

2015-16秋冬コレクションにて 左からCozette McCreery、Joe Bates、Sid Bryan
2015-16秋冬コレクションにて 左からCozette McCreery、Joe Bates、Sid Bryan
Image by: 村瀬昌広

 ロンドンを拠点にするブランド「シブリング(Sibling)」のデザイナートリオの1人、ジョー・ベイツ(Joe Bates)が先週末、癌により死去したことが分かった。ファッション誌「LOVEマガジン」がインスタグラム上で発表した。

 

 ジョー・ベイツは、シド・ブライヤン(Sid Bryan)とコゼット・ミククエリー(Cozette McCreery)とともに2008年にブランドを設立。ニットウェアを多用したコレクションで、ロンドンのファッション・ウィークでは毎シーズン注目を集めている。2013年にはウールマークプライズに入賞。ベイツの年齢は公表されていないが、報道によると長年癌を患い闘病生活を送ってきたという。ベイツにとってラストショーとなったのは今年6月に発表された2016年春夏コレクションで、フィナーレではランウェイに姿を見せていた

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング