Fashion

ビーコン店頭活用でスタートトゥデイとLINEが業務提携 賛否両論あった「バーコードスキャン」との違いは?

サービス提供イメージ
サービス提供イメージ
Image by: スタートトゥデイ

 「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」や「ウェア(WEAR)」を運営するスタートトゥデイが、LINE社と提携し、アパレル店舗に向けた「ビーコン活用サービス」を2016年春頃から提供する。店頭商品に付いた「ボタン型ビーコン」を押すと、LINEのビジネスアカウントを経由して商品や店舗の情報が利用者のスマートフォンに届く仕組みで、ブランドやショップのオムニチャネル施策への活用を目指す。

 

 「ボタン型ビーコン」はスタートトゥデイが独自に設計・製造したオリジナルハードウェア商品。ボタン押下時のみスマートフォンで情報を受信する世界初の技術を取り入れたビーコン端末で、商品に直接取り付けることができる。

 スタートトゥデイはファッションコーディネートアプリ「ウェア」のローンチ初期に、業界初の取り組みとなる「バーコードスキャン機能」を打ち出していたが、店内でスマートフォンのカメラ機能を利用する行為のルール上の問題やショールーミング化を懸念する声が商業施設や一部のブランドから挙がり、約半年で同機能の一般提供を終了。今回のビーコン活用サービスは、商品情報を一方的に読み取って表示していたバーコードスキャン機能とは異なり、ブランド・ショップ側からユーザーに情報を伝える仕組みをとる。スマートフォンのカメラをかざす必要もなく、情報発信だけではなくデータの収集・蓄積に役立つことが期待されている。提供情報の内容を含めたサービスプランの詳細は、今後発表される。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング