foundation garment

【まとめ】スカジャン デニムなど2016年春夏メンズトレンドアイテム

foundation garment

ブロガー

フォローする:

春の注目アイテムたち

2016SSシーズンのトレンドについて、引き続きお送りします。

前回は、トレンド全体の話をしました。
今回は、流行が予測される注目アイテムについてです!

関連記事:【2016SS】春夏メンズファッション トレンドまとめ

新たに殴りこんできたアイツも、引き続き注目のアイツも。
5つ、ピックアップしてみましたよ!

mens_trenditem_1201_1.png

1.スカジャンを筆頭に、テカッたブルゾン

アメカジの流れでしょうか...。
以前からブルゾン自体はトレンドでしたが...ついにスカジャンです!!
いくつものブランドが、ショーにスカジャンを登場させています。本当です。

とはいえ本格的なガチなものは、なかなか難しいので...。
取り入れやすいようデザインされた「今風スカジャン」が、大注目アイテムです。

スカジャンと小さく括らず「シャイニーな生地を使ったブルゾン」が流行となりそう。
きれいな色柄の、テカテカ・つるつるした生地を使ったブルゾンに、男女共に注目です!
取り入れやすいぶん、こちらの方が大衆的に普及するような気もします。

2016SSコレクションで、スカジャンチェック!

ルイ・ヴィトン、気合の入ったスカジャンを複数披露!
イカついようでいて、刺繍の柄は繊細で美しいものだったりするから...ニクいよねえ。

mens_trenditem_1201_2.png

ヴァレンチノも、スカジャンを複数披露!

mens_trenditem_1201_3.png

サンローランは、光沢感ある素材を使ったブルゾンを、何種類も登場させています。

mens_trenditem_1201_4.png

クリスチャン・ダダ、本格的なスカジャンだぜ!

mens_trenditem_1201_5.png

ヨシオクボ、春らしい色合いの花柄のブルゾン。

mens_trenditem_1201_6.png

2.ブランドのシグネチャ・アイコンもの

ブランドの象徴的なアイテムを取り入れるのが、ひとつのトレンド。
わかりやすいのが、ブランドロゴもの。代表的な柄や、特徴的なデザインのアイテムもそれ。過去の大ヒット作だったり、形はなんにせよ「ブランドだと一発でわかるもの」「ブランドの代表作」が、トレンドのひとつ。

16SSにて、アンダーカバーは過去の人気コレクションを復刻させたアーカイブコレクションを展開し、モスキーノもヒットした過去のロゴを使用しました。2015年にはカルバンクラインジーンズも過去に大ヒットした「あのロゴ」を復刻させたし、Supremeもキツネも、ロゴものが今も大人気!

あえての定番柄、あえてのロゴ。
その名の通り「ブランドを身に着ける」のが、春夏も流行となりそうです。

2016SSコレクションを見てみよう、そうしよう!

アンダーカバー、過去の名作コレクションを新解釈で展開。
裏原世代には懐かしい「SCAB」期も、もちろん復刻されています!

mens_trenditem_1201_7.png

モスキーノ、あのお馴染みのロゴが復活。
このロゴを使用したアイテムが、色々と展開されます。

mens_trenditem_1201_8.png

コムデギャルソン シャツ ボーイ、ロゴ入りアイテムが登場。

mens_trenditem_1201_9.png

グッチ、象徴する柄を使ったアウター。

mens_trenditem_1201_10.png

3.デニムの勢い衰えず

永遠のスタンダードともいえる、デニム。
に「ブルーデニム」は、ショーでも多く登場しました。
パンツはストレートシルエットの人気が続きそう。デニム素材がトレンドとあり、デニムジャケットやオーバーオールなど、パンツ以外にも様々なアイテムが登場します。
上下デニムのコーディネイトも、ショーやルックに複数登場。この流行も続きそうですよ。

2015年度に流行した、ダメージ加工のデニムも引き続き流行すると思います。
膝の部分が裂けたやつ、2016年も履けますよ(にっこり

2016SSコレクションから、デニムをチェック!

ヴァレンティノでは、ブルーデニムをたっぷり使用。
アウターやシャツなど、様々なアイテムを作っています。

mens_trenditem_1201_11.png

ドルチェ&ガッバーナには、ダメージデニムが登場。

mens_trenditem_1201_12.png

J.CREWも、普段使いしやすいデニムアイテムを複数提案。

mens_trenditem_1201_13.png

ファクトタム ジーンズが、16SSから始まります。
名前の通り、ジーンズを扱うラインです。当然、デニムでいっぱいです。

mens_trenditem_1201_14.png

4.リラックス感溢れる服

リラックス感溢れるウェアを提案するブランドも、多いです。

リラックス服の究極が「パジャマ」。
パジャマや部屋着を連想させるような、ゆるーい服に注目です。

とはいえ、「パジャマ」の域まで気の抜けた服を着て歩くのは...大人にとっては難しい。
身体のラインを拾わない「楽そうな、ゆるーい服」くらいの認識でいいと思います。
流行中のガウン型の上着や、肩落ちシャツチュニックなどなど。

2016SSコレクションから、ゆるーい服をご確認ください!

マイケル・コースは、大人のリラックススタイルの手本のような。
全体的に適度な力の抜け具合、部屋着化はしておりません!

mens_trenditem_1201_15.png

MSGM、非常に楽そうなパンツです。

mens_trenditem_1201_16.png

フィックス ストュディオス、このまま心地よく眠れそう。

mens_trenditem_1201_17.png

ピガール、着心地の良さそうなガウンを羽織っています。

mens_trenditem_1201_18.png

ダブレット、スカジャン+リラックスパンツという組み合わせ。

mens_trenditem_1201_19.png

5.スニーカー、スポーツサンダルがまだ流行る

スニーカースポーツサンダルの流行は、まだまだ続きそう。
デザイナーズブランドもスニーカーを作るし、スポーツメーカーとデザイナーズブランドの"コラボ"スニーカーも、引き続き発売が続きます。

ここまでのショールックを見てきても、おわかりかと思いますが...
スニーカーやスポーツサンダルは、ショーでも非常に多く使用されています。
ソックス+靴下という合わせ方も、度々見られました。

「足元はスポーティ」の流れは、2016SSシーズンも続きそうです。

2016SSコレクションの、足元をチェック!

サカイ、今季はエンダースキーマが靴を作ることで話題に。
下のルックのサンダルも、エンダースキーマ製。レザーです。

mens_trenditem_1201_20.png

マルニは、ヒットしたスポーティなスニーカーを今季も展開。

mens_trenditem_1201_21.png

サンローラン、足元は徹底して白スニ。

mens_trenditem_1201_22.png

ジバンシィでは、シャワーサンダル型も使用。

mens_trenditem_1201_23.png

イーチ×アザーは、ロゴ入りのシャワーサンダル型を靴下と合わせて。

mens_trenditem_1201_24.png

以上、5選になります。

前回「流行は大して変わりません」と言った通りです、目新しいものって少ない。
今回取り上げた中では新鮮なものって、最初のスカジャンくらいです。他はすでに流行ってる。

あとは、シャツ。
「ちょっと変わったデザインのシャツ」が色々登場して、楽しませてくれそうです。
シャツは大人でも取り入れやすいアイテムですから、注目していきたいです。

「アジアンエスニック」みたいなものも注目ではあります。
でも、アジアの一国である日本で流行るのか?と思いまして。
中国などアジアの国の伝統衣装の一部を取り入れたようなウェアも見られましたが...どうなんでしょうね。

この2つについては、別途まとめたいなと思っています。

【送料無料】QUOTATION FASHION ISSUE(11(2016SS))

近々、まずは流行色など「色」について。
内容的には「またかよ」的内容になると思いますが、まあ確認と言うことで。
よければお楽しみに...!

参考になれば、幸いです!

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング