Elastic

雑誌「ターザン」で女子大生が判定、男の痩せとスリムの境界線とは?

Elastic

消費者目線でファッション情報をウォッチするファッションブロガー

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

肥満とぽっちゃりの境界線が気になる女性が多いように、 男性は痩せとスリム(≒痩せマッチョ)の境界線が気になるもの。

Tarzan692号ではその境界線を探るべく、現役女子大生3人に痩せ型男子の 体をジャッジしてもらうという企画をやっています。

登場するのはBMIが19.7~21.5で体脂肪率が1桁という数字的には痩せマッチョな男性5名と編集部員ガリタカの計6名。

ふつうは体脂肪率が1桁ならBMIは19を切る痩身で、 BMIが21あるなら体脂肪率は12~15%程度(これでも優秀な方)なので、 BMIが19.7~21.5で体脂肪率が1桁というのはかなりハイレベルだと思うのですが、 そんな彼らに次々とダメ出しをする女子大生の目がシビアすぎる・・・。 自分の体に自信のある方は是非読んでみて欲しい。心が折れるかもしれません(笑)

結論としては、痩せとスリムの境界線は次の5点になるようです。

・肋骨が見えない
・メリハリのある腕
・厚い胸板
・割れた腹筋
・全体のバランス

「肋骨が見えない」というのが新しいポイントでしょうか。残りの4つは定番ですね。男性誌の筋トレコーナーでも腕立て伏せとクランチは真っ先に登場しますので。

参考までに座談会で各筋肉が言及された回数をカウントしてみました。

胸・・・3回
腹・・・14回
脚・・・7回
肩・・・4回
腕・・・2回

腹筋への言及数が圧倒的です。なぜこうも皆腹筋が好きなのか。 懸垂党の自分は広背筋推しなのですが・・・。

Fさんは間違いなくスリムですよね。腹筋がキレイですし。

このようにお腹は真っ先にチェックされその形まで評価対象に。

他には大胸筋への言及が意外と少ないことや、広背筋、僧帽筋、 首がスルーされていることなど気になる点は多いのですが、

腹筋が割れていると、やせとは思わないです

とのことなので、とりあえず6つ、人によっては8つに割っておくと良いようです。

腹筋は有酸素運動などでお腹周りの皮下脂肪を落とせば割れます。そもそも元から割れております。皆さん夏までに頑張りましょう!

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング