「銀座プレイス」外観
Image by: FASHIONSNAP / GINZA PLACE

Business

今秋開業、銀座の新ランドマーク「銀座プレイス」が竣工

「銀座プレイス」外観
「銀座プレイス」外観
Image by: FASHIONSNAP / GINZA PLACE

 サッポロ不動産開発と共同事業者のつゞれ屋が、9月24日に開業する予定の複合商業施設「銀座プレイス(GINZA PLACE)」の竣工を発表した。建築事務所のクライン ダイサム アーキテクツが手掛けた外観は、白と黒をキーカラーに、伝統工芸を現代的に昇華した「FRETWORK(透かし彫り)」のモチーフが施されており、低層階にはガラスを採用して圧迫感を軽減させるデザインに仕上がっている。

 

 三越や和光が建つ銀座4丁目交差点の一角に位置する「銀座プレイス」は、「発信と交流の拠点」がコンセプト。3階に出店するイベントスペース&カフェ「GINZA PLACE CAFE(仮称)」では、プロモーションスペースとしてポップアップイベントやワークショップ、トークイベントなどの体験型イベントをはじめ、レセプションや発表会、パーティーなどが実施され、「発信と交流の拠点」を目指す。

 サッポロ不動産開発の生駒俊行代表取締役社長は、銀座について「2020年の東京オリンピック、パラリンピックの開催を控えてさらに発展を遂げ、国内外から一層注目を集めるエリア」とし、開業に向けて「最上質・最先端のモノ・コトを提案し、様々な体験と交流を通じて日本の魅力を世界に発信していきたい」と発表した。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング