maxre

2000人が入荷待ちのレギンスとアスレジャーの行方

マックスリー

米国の多くのファッションブランドなどのマーケットを調査

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

NBCの「TODAY」で紹介され話題になった、ADAYというブランドのレギンス「Throw and Roll」(上の写真参照)があるのですが、履き心地の良さや通気性など、運動を目的にデザインされながらも、それ以外の用途にも着用できる、いわゆるアスレジャー対応の商品。価格は125ドルと一般のレギンスに比べお高めですが、なんと、2000人がウエイトリストに登録しているのだそうです。

昨年の9月に一旦売り切れになり、12月に再入荷するも24時間で売り切れ。 今年7月の再入荷分は3ヶ月分を想定し在庫を積んだが7日で売り切れ。現在、2000人が待っている分は今年の12月に入荷するというヒット商品。

何がそんなに人気なのかというと、UVプロテクト効果のあるライトウエイトの素材を使用していて、見た目はレザーレギンスの様な艶がある感じですね。 ローズゴールドのファスナーに、特徴的なのはサイドに、スリークなポケットがついていて、コインや携帯電話がホールド出来る事。その他、速乾、毛玉がつきにくい、4ウエイストレッチ等の機能が充実しています。

確かに、スマホを腕やウエストに装着するするタイプのホルダーはスタイリッシュでは無いし、見た目クールにすっきりとホールドできるレギンスはありそうで無かった。ブーツを履いたらバイカーパンツみたいにも見え、普段着使用もできる、女性が求める細かなニーズをカバーしている様です。消費者のニーズをとことん追求した商品は想像以上の需要につながるのだなあと思います。

しかし、この秋には、ピークを迎えると予測しているアナリストもいる中、アスレジャートレンド、皆さんは、どうなると思われますか?

個人的には、一月で10ドルという低額ジムチェーン店も増えており、フィットネスや健康維持の為のスポーツ人口は増加傾向である事から、スポーツウエア商品は、まだまだ需要はあるが、ネコも杓子もという状況からは落ち着くのではという気がします。

ターゲットやコールズ、H&Mの様なアパレルチェーンから、オフプライス店までとにかく飽和状態。アスレジャートレンドの基本は、スポーツをする女性消費者達。 買い物やカフェにも行けるハイブリッドのアスレジャー商品よりもスポーツに適した商品で有ることが大前提で有る事が、この数年にわたるトレンドの継続で、自分に何が必要なのか見極めができる時期にきているのではないでしょうか? ADAYののレギンスは、どちらかというと、機能性重視されている商品で、ファッション性がプラスされています。

一般のアパレル企業が展開するスポーツウエアは、ハイテック素材の使用もあり、レギュラー商品よりも割高なのに、スポーツブランドに比べると品質は落ちるという状況もあります。結果、機能性重視のスポーツウエアにファッション性が加わったアスレジャーは残るが、ファッション性重視のスポーツウエアは、終息を迎える? 飽和状態の状況下、特定の商品のヒットはあっても、アスレジャー全体の好調が続くのは難しいのではないかという気がします。

ADAY
https://www.thisisaday.com

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング