Fumitoshi Goto

ショッピングモールでの"ウォーキング"がトレンドに?

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■全米77都市のショッピングセンターをモニターしている不動産調査会社レイス社によると、昨年第4四半期(10月~12月期)のモール空室率は7.8%だった。7.8%だった前期から横ばい。前年同期からも横ばいとなっている。モールの空室率は2011年第3四半期(7月~9月期)にピークとなる9.4%を記録。過去最悪の水準から5年が経過しているものの景気後退期前の空室率5%~6%のレベルにはいまだに達していない。一方、ネイバーフッドSCとコミュニティSCなどを含めたストリップセンターの空室率は9.9%となり、前期から横ばいだった。10.0%だった前年同期から0.1ポイント減少している。ストリップセンターの空室率は2011年第2四半期から3期連続して11.0%を記録した。空室率ピークから5年近く経過しているが、モールと同様に景気後退前の7%の水準までまだ程遠い状況が続いている。
ショッピングセンターの空室率が高止まりとなっている原因は買い物の主戦場がオンラインに移っているためだ。消費者がショッピングセンターに行かなくなっているのだ。リアル店舗をモニターし分析する調査会社リテールネクストによると、小売店の客数は48ヶ月連続して減少している。リアル店の売上高(自動車販売やガソリンスタンド、メンバーシップホールセールクラブは除く)も36ヶ月連続して減少となっているのだ。お客はどんどん店に行かなくなり、逆にネットで買物するようになっている。特に70年代~80年代頃、モールを中心にショッピングセンターが作られ過ぎたことも空室率が高止まりする要因になっている。またリージョナルショッピングセンターで核テナントとなっているデパートメントストアが十分にネット対応できていないことも問題だ。2011年からオムニチャネル化を推進しているメイシーズは、昨年の11月・12月期の既存店・売上高前年同期比が2.7%の減少だったことを発表した。同時に68ヵ所の店舗を閉鎖することも明らかにした。シアーズも昨年末の惨敗を受け150店舗の追加閉鎖を発表した。閉鎖の内訳はシアーズ42店とKマート108店。シアーズは昨年末もシアーズ17店舗とKマート34店舗の閉鎖を発表していた。90年代に800店近くをモールで展開していたアパレルチェーンのリミテッドも250店全店を閉鎖した。
モールに核テナントで出店しているJCペニーも一部店舗の閉鎖を検討していると報じられており、モールの空室率の改善には程遠い状況だ。

トップ画像:ショッピングセンター空室率推移グラフ。第4四半期(10月~12月期)のモール(RSC)空室率は7.9%と前期から横ばいだった。一方、ネイバーフッドSCとコミュニティSCなどを含めたストリップセンターの空室率は9.9%となり、こちらも横ばいだ。買い物の主戦場がリアルからネットに移り、今後さらに閉店する店も増える気配でショッピングセンターの空室率は改善がなかなか進まない。

15年8月10日 - 【ショッピングセンター】、モール・ウォーキング!CDCの奨励でSCトレンドになる?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。当ブログでは以前、ショッピングセンター内でのウォーキングがトレンドになるということを取り上げました。当時は「モール内ウォーキングのメリットは、外の天候に左右されず気温も一定であり明るいことがある。またモール内の歩道は広く、傾斜も少なくフラットだ。セキュリティが常駐しているため治安の問題もないうえ、非常時の対応にも慣れている。住宅街と異なりトイレも完備され水飲み場もある。ジムと違ってお金がかからない。一方、導入するショッピングセンター側にもメリットがある。地域のシニア向けてウォーキング用にを開放することでコミュニティーをサポートすることになる。なによりウォーキング・グッズの購入やエクササイズ後の食事などテナントやフードコートの売上も期待できるのだ」と書きました。アメリカ疾病管理予防センター(CDC)の後押しで本当に大きなトレンドになっています。多くのモールは営業時間にウォーキング時間も掲載しています。
モールによっては朝6時からオープンしてウォーキングアワーにあてているところもあります。ここ1~2年で一機に広がりましたね。

後藤文俊

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング