Fumitoshi Goto

コストコが宅配をスタート、オムニチャネル化にシフトか?

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■コストコは21日、オンデマンド買物代行・宅配サービスのシプツ(shipt)と提携し宅配サービスのテストを開始する。シプツの発表によると、フロリダ州タンパ地区のコストコから最短1時間の宅配サービスを開始し、2017年中に50都市以上でのサービス展開を目指す。なおコストコからの発表はおこなっていない。サービス利用者はシプツのアプリをスマートフォンにダウンロードし、コストコの生鮮品など約4,000品目をアプリ経由で注文する。利用者はコストコ会員である必要はない。アラバマ州バーミンガムに本部を置くシプツはクラウドソーシングを採用したビジネスモデル。アプリを通じて注文が入るとショッパーと呼ばれる登録者がスーパー等で買い物し、注文から最短1時間で顧客に配達する。シプツのサービス手数料は1回7ドル。年会費99ドルのメンバーシプツ(MemberShipt:現在は年会費49ドル、月額では14ドル)に加入すると、発注金額が35ドル以上は手数料無料で何度でもサービスを受けられる(35ドル以下は1回7ドル)。シプツによると、宅配商品は35ドル分で5ドル程度マークアップされているという。コストコの宅配サービスはシプツが初めてではない。正式な提携は行っていないもののシプツと同業のインスタカートが19州でコストコからの宅配を行っており、グーグル・エクスプレスも扱い商品を限って宅配をおこなっている。
シプツは2014年の創業当初、ターゲットやベストバイ、ホームデポからの宅配をおこなっていた。翌年からは買物先をスーパーマーケットに絞り(一部地域ではアルコール専門店からも宅配)、多くの都市でスーパーマーケットも1社に特定している。シプツは現在、フロリダ州やテキサス州などを中心に10州35都市で展開している。今月10日にはミシガンを中心に約230店のスーパーセンターを展開するマイヤーと提携し宅配サービスを始めることを発表した。すでにミシガン州デトロイト地区などマイヤー25店舗で宅配サービスを始めており、一部地域では24時間宅配サービスを行っているという。

トップ画像:朝7時過ぎのコストコ店内(通常は10時からだがコストコ・ビジネスセンターは朝7時からオープン)。シプツの宅配サービスを利用することで年配者や子供連れ家族は広い店内を歩かずに済むようになる。ただし、コストコはオムニチャネル化をおこなっていない。
17年3月13日 - 【マイヤー】、スーパーセンターから24時間宅配サービス開始!シプツも中西部で急成長?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。コストコは今月初め、会員費の値上げを発表しました。6月から北米のコストコでは55ドルだった個人年会費を60ドルに、法人用のエグゼクティブメンバーも10ドル値上げして110ドルとなります。食品デフレが逆風となりコストコの直近の決算では、既存店ベースが前年同期を上回る3%の増加となりましたが、3.6%増の予想は下回っていました。客数が2%の増加、客単価が1%の増加です。客数が減速しているのですね。で、いつも利用しているコストコから私のところに通知が届きました。車で15分~20分のところにあるコストコ・ビジネスセンター内のプリント&コピーセンターを4月で閉めるとあったのです。会員費の値上げより、こちらのほうが痛いです。後藤はコンサルティングでテキスト資料を使います。これはクライアントの要望に応じて製作しているので、一括の作り置きはやっていません。で、毎度、コストコでコピー&製本のサービスを利用していたのです。

⇒コストコの製本サービスは割安以上にスタッフに信頼を置けるので安心なんですね。いつも遅れることなく、きっちりコピーして製本にしてくれるのでギリギリでも頼めるのですね。以前、利用していたオフィスデポのコピーサービスでは、約束した時間に間に合わないことが何度かあったのです。コストコのコピーセンターのスタッフとは顔なじみにもなっていたので残念でなりません。これもコストコの成長が鈍化しているからの処置。原因は食品デフレと競争です。競争も以前のようにリアル店舗間の競争ではなく、アマゾンとの競争も激しくなっているからです。で、コストコはオムニチャネル化にやっと重い腰を上げ始めたのです。それでもコストコは構造的な課題も抱えているのですぐに全面展開というわけにはいきません。例えばボピスではネットで注文したお客(会員)の商品をコストコ店内にストックできる場所がないのですね。もしかしたら閉鎖したコピーセンターは、ピックアップ用のカウンターになるのかもしれません...
コストコはシプトと提携し、データをとりながらオムニチャネル化に備えるのかもしれません。コストコのオンライン売上は全体の4%ですが、消費行動がさらにオンラインに向かえばオムニチャネル化に大きくシフトしなければなりません。

後藤文俊

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング