Art Promotion

"風を感じる"体験型イベントがメトアギンザで開催、限定スイーツの販売も

1階エントランスゾーン「Illuminated Wind-風のゆらぎ」
1階エントランスゾーン「Illuminated Wind-風のゆらぎ」
Image by: METoA Ginza

 三菱電機が手掛けるイベントスクエア「メトアギンザ(METoA Ginza)」で、体験型イベント「Wind Lab In Ginza 風と遊べるテクノロジー空間」をスタートした。入場無料で、会期は2018年2月25日まで。

 

 メトアギンザは、さまざまなイベントを通して三菱電機の技術を紹介する施設。第6弾となる今回のイベントでは「風」をテーマに、暮らしや社会に役立つ技術を楽しみながら学ぶことができる。

 1階のエントランスゾーンには、今年50周年を迎えたルームエアコン「霧ヶ峰」の風のゆらぎを幾層に重なった帯で表現したインスタレーションを設置。2階の64面液晶マルチディスプレイ「METoA VISION」では、三菱電機製品が生み出す気流の様子や日本の四季折々の風景を描いた「Be the Wind」をはじめ、三菱電機を紹介する映像やウェブ上で800万回再生を突破した霧ヶ峰50周年スペシャルムービー「人生に吹く風」などを上映している。3階では息を吹きかけるとスクリーンにハートや花びらなどのアニメーションが登場する「風をかなでる」や、特殊なフィルターで映像を覗くとさまざまな風の動きを見ることができる「風をみる」といった体験型コンテンツを展開。このほか霧ヶ峰初期モデルや、戦後の1947年に発売され"若葉色"で親しまれた扇風機、最新の霧ヶ峰FZシリーズといった製品が展示されている。

 イベント期間中、1階の「Me's CAFE & KITCHEN at METoA Ginza」では、風車をイメージしたチェリーパイ(単品900円/コーヒーセット1,200円)を1日10食限定で販売。温かいパイに冷たいバニラアイスクリームが添えられ、プレートには生クリームで気流が描かれる。

■Wind Lab In Ginza 風と遊べるテクノロジー空間
会期:2017年10月20日(金)〜2018年2月25日(日)
時間:11:00〜21:00 1階「Me's CAFE & KITCHEN at METoA Ginza」のみ11:00〜23:00(L.O. 22:00)
料金:無料
場所:METoA Ginza 1階〜3階
公式サイト

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング