Business

"フリマじゃないメルカリ" 撮影するだけで現金化できる即時買取サービス「メルカリNOW」開始

発表会の様子
発表会の様子
Image by: FASHIONSNAP

 メルカリが、フリマアプリ「メルカリ」内で不用品をすぐに現金化できる即時買取サービス「メルカリNOW」を発表した。11月27日12時に開始する。運営はグループ会社のソウゾウが行う。

 

 「メルカリNOW」では取り引きしたい商品のブランドや状態を選択し、スマートフォンのカメラで撮影するだけで査定金額を提示。了承した場合は売上金がすぐにアカウントに反映され、メルカリでの買い物に使えるほか、口座から引き出すこともできる。査定金額の上限は最大2万円で、メルカリが所有する取引データを利用する。一日の買取金額は上限1,000万円。毎日午前10時に利用枠がリセットされ、先着順で終了する。

 換金した商品は2週間以内に無料で集荷。利用の際は古物営業法に基づく本人確認を実施し、集荷先は本人確認書類内に記載された住所のみ対象となる。なお、集荷されなかった場合や模倣品である場合などの悪意のあるケースは「メルカリ」全体のサービスの利用を制限することもあるという。

 サービス開始時の商品カテゴリはウィメンズおよびメンズ向けブランドの服飾品のみ。今後は上限金額を拡大およびカテゴリ拡充を視野に入れる。なお、買い取った商品はメルカリ上で販売される。

 構想自体は1〜2年前からあったが、具現化に向けて進められたのは最近のこと。類似サービスの「キャッシュ(CASH)」を通じて即時買い取り市場にニーズを見いだし、メルカリNOWを実現させた。メルカリでは出品された商品のうち24時間以内に売れる商品が約半数というスピード感が強みである一方、まだ利用していない人からは「忙しいので時間がない」「やり取りが面倒」「売れるまで待ちたくない」という意見がある。フリマだけでない選択肢を提供し、ユーザー層の拡大を狙う。

 同社はブランド品に特化したサービス「メルカリ メゾンズ」を展開しているが、担当者は使い分け方について「早く売りたい時はメルカリNOWを、高く売りたい時はメルカリ メゾンズがおすすめ」と説明。メルカリNOWは国内のみでの提供となるが、今後は海外展開も検討するという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング