Fumitoshi Goto

アマゾン、クリスマスイブ注文も送料無料で当日配送

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■ネット通販最大手のアマゾンは13日、送料無料の当日宅配サービス「プライムナウ(Prime Now)」の対象エリアを増やし、クリスマス直前注文の対応を拡大したことを発表した。プライムナウは、年会費99ドルのプライム会員が利用できるスピード宅配サービス。日用品から食品、家電品までプライムナウ対象商品(注文金額35ドル以上)なら送料無料で注文から最短2時間で届く(1時間宅配は有料)。アマゾンはプライムナウの対象エリアを以前発表していた5,000ヵ所から、8,000以上の市や町に拡大した。プライムナウ利用では、12月24日の午後9時までに注文すれば多くの場所で当日に届くとしている。またアマゾンはリアル書店の「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」をニューヨークやロサンゼルスなど13店を展開している。アマゾン・ブックスでは、人気の書籍からエコーやファイアタブレットなどのアマゾン製品をクリスマスイブの閉店時間(午後5時もしくは午後6時)まで購入可能としている。アマゾンの傘下となったホールフーズ・マーケットでもアマゾン製品を販売している。モール等に展開しているポップアップストア(Pop-Up Stores)を導入したホールフーズではファイアTVや電子書籍のキンドルなどを、午後6時(もしくは午後7時)の閉店時間まで購入できるとしている。アマゾンはホールフーズ店内やセブンイレブンなどにピックアップ用のアマゾンロッカーも設置している。アマゾンロッカーで24日のクリスマスイブにピックアップする場合、プライム会員は前日の正午までに注文する必要があるとしている。

アマゾンでは非プライム会員でも宛先が対象エリアなら送料8.99ドルに注文1品毎に99セントを支払えば当日宅配サービスを受けられる。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。プライム会員が頭打ちになってきたようです。1,000人の成人を対象に行ったモルガンスタンレーの調査によると、2017年の第3四半期では40%がプライム会員でした。前年の第4四半期の40%と同じです。会員数の伸びの鈍化は飽和状態になっていることを示しています。特に富裕層での飽和が著しく、パイパー・ジェフリーの6月の調査では、プライム会員は世帯年収11.2万ドル(約1,300万円)以上で82%に達しています。言い換えれば、年収の高い層や富裕層などはこれ以上のシェアを伸ばすのが難しく、ミドル以下の低所得者層などで会員を増やさなければならないのです。そのためプライム会員99ドルを月額プラン(月々10.99ドル)で提示したり、政府の援助を受けている人には月額5.99ドルのディスカウント・プライム会員プランも提案しています。なんとしてでもプライム会員を増やしたいために、対象エリアを拡大して土壇場でのクリスマス注文にも対応しているのです。

後藤文俊

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング