senken plus

「産後うつ」の早期発見も、妊婦用スマートテキスタイル開発

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 

東洋紡とユニオンツールは、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)予防医学・疫学部門災害精神医学分野の富田博秋教授のグループと共同で、「産後うつ」の研究向けに、妊婦用のスマートテキスタイルを開発した。

東洋紡のフィルム状導電素材「COCOMI」とユニオンツールの「マイビート」ウェアラブル心拍センサーを使って、バイタル情報を取得できるスマートテキスタイルを開発。妊婦の意見を取り入れ、着用しても圧迫感が小さく、着脱しやすいデザインにした。またCOCOMIが心臓から発生する微弱な電気信号を体表面でとらえ、マイビートウェアラブル心拍センサーが、その信号を外部に発信することなく、心拍情報として機器内に記録する仕組みをとることで、自然な装着感と測定精度を両立する。

cocomi-20171201_001.jpg
「産後うつ」の早期発見や発症、予後の予測につなげる

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング