Fashion Studiesが舞台衣裳を考える会を主宰 、ソマルタ「Skin」シリーズに迫る

2018年01月12日 21:44 JST

 Fashion Studies主宰の舞台衣裳を考える会「Think of Fashion 048 Stage Costume Thinking #01 Noism1『NINA-物質化する生け贄』」が、1月21日に開催される。日本初の公共劇場専属舞踊団ノイズム(Noism)が7年ぶりに上演する初期代表作「NINA-物質化する生け贄」の衣裳を新たに手掛けた「ソマルタ(SOMARTA)」のデザイナー廣川玉枝と、国立新美術館主任研究員 本橋弥生が登壇する。

■関連記事
「ソマルタ」無縫製ニットのスキンシリーズがMoMAに収蔵