Art

松尾たいこが"不思議な森"を表現、六本木ヒルズA/D GALLERYで個展開催

メインビジュアル
メインビジュアル
Image by: 松尾たいこ

 アーティストやイラストレーターとして活動する松尾たいこが、個展「松尾たいこ展 in the forest」を六本木ヒルズA/D GALLERYで開催する。会期は1月19日から2月12日まで。

 

 松尾たいこはセツ・モード・セミナーを卒業し、「第16回ザ・チョイス」で年度賞、鈴木成一賞を受賞。これまでに300冊以上の本の表紙イラストを手掛け、広告やファッションでも数多くのイラストを提供している。著作に絵本「空が高かったころ」や、江國香織との共著「ふりむく」、角田光代との共著「Presents」がある。2014年からは福井にアトリエを構え、「千年陶画」プロジェクトをスタートした。

 今回の個展ではこれまで出会ってきた森を着想源に、平面と立体で制作した"不思議な森"を公開する。

■松尾たいこ展 in the forest
会期:2018年1月19日(金)~2月12日(月・祝)
時間:12:00~20:00
会場:roppongi hills A/D GALLERY
住所:港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク3階
   六本木ヒルズアート&デザインストア内
入場料:無料

roppongi hills A/D GALLERY:公式サイト

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング