ファッションマガジン

5万人のフォロワーを有するナン・ゴールディンのインスタ術

5万人のフォロワーを有するナン・ゴールディンのインスタ術の画像

「ソーシャルメディアとか、そういうものに責任は伴わないと思っているんだけど、どうかしら?」

Hannah Ongley

Photography Sean Gallup via Getty Images

This article was originally published by i-D US.

「ソーシャルメディアとか、そういうものに責任は伴わないと思っているんだけど、どうかしら? そうであって欲しいんだけど......」2016年、伝説の写真家ナン・ゴールディンは『New York Times』誌でそう語った。彼女は2017年12月、最高傑作との呼び声も高い作品--計40分間のスライドショー『The Ballad of Sexual Dependency』をMoMAで発表した。当時奇抜だと言われた80年代のシリーズには、今日生まれゆくアート作品よりも何かを吐露するような姿勢が見受けられる。それが顕著に表れているのが1984年に撮影したポートレイトである。これは彼女が当時交際していた男性に別れを告げられた1ヶ月後に撮影したものだという。彼女は自身の作品を通して、エイズなどを含む、これまでにタブー視されてきた社会問題を強烈に、そして人間味のある表現で描き出している。「私にとって記録するという行為は自分の人生を生きるうえでの不可欠なんです。写真はすべてを映し出すので、忘れずにいられるんです」と彼女は語った。

ゴールディンがInstagramを始める前からすでに、何十年にもわたる膨大な数のアーカイブ写真がインスタに投稿されてきた。彼女のファンアカウント (@nangoldinarchives)は約5万3千人ものフォロワーを有しており、そのなかにはライアン・マッギンレーやメル・オッテンバーグ、そして先日Instagramを始めたナン・ゴールディン自身もフォローしていることが確認されている。ゴールディンのアカウント(@nangoldinstudio)は公開と同時に2000人のフォロワーを獲得し、#influencersの人気投稿にも選出された。彼女は昔からタイトルを付ける名人で、Instagramのキャプションには撮影時につけたタイトルが使用されている。また、投稿のなかにはミランで開催されたパーティの写真や古美術画の写真も見受けられる。一連のポストを見ると、彼女には編集アプリやファンシーなフィルターは必要なさそうだ。

Joey and Andres in Hotel, Askanischer Hof, Berlin 1992

Nan Goldinさん(@nangoldinstudio)がシェアした投稿 -