近赤外線をカットする新素材を開発、スキンケア用途での実用化も

2018年02月14日 18:55 JST

 サンスターと堺化学工業が、近赤外線カット効果が高い新素材「光プロテクトシールド」(ケラチン処理六角板状酸化亜鉛)を共同開発した。

■関連記事
資生堂、日々の肌環境に合ったスキンケアを提供するIoTシステム「Optune」発表