Techable

東大と大日本印刷、肌に動画を表示できる極薄の伸縮ディスプレイフィルムを共同開発

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

 

e-skinの開発を進める、東京大学の染谷隆夫教授率いる研究チームと大日本印刷は、シンプルな動画を表示できる伸縮性のある極薄ディスプレイフィルムを発表した。

肌に貼り付けることで、心拍などのバイタルサインをリアルタイムに表示することができるというもので、医療・健康管理分野での活用を見込んでいる。

・データの送信も

e-skin-20180219_002.jpg

このフィルムは伸縮するゴム製で、厚さはわずか1ミリメートル。その中に16×24列のLEDライトや伸縮するワイヤを埋め込んでいる。このLEDライトがディスプレイとなる。

フィルムにセンサーを内蔵することで、心拍や心電図の波形などをリアルタイムにディスプレイに表示する仕組みだ。ワイヤレス通信モジュールも組み込んで、スマホやクラウドへのデータ送信も可能となっている。

・3年以内の実用化視野

日本はすでに高齢化社会となっているが、年老いた人にとって健康管理機器の扱いは簡単ではない。扱いが簡単で、情報が一目でわかるものが必要とされており、このディスプレイはそうしたニーズに応えるものにと開発された。

究極のウェアラブルともいえるこのフィルム、今後はディスプレイの拡大など改良を図り、3年以内の実用化を視野に入れている。

University of Tokyo public release

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング