OMOHARAREAL

デジタルネイティブ世代が表現する現代、美大生4名のグループ展が開催

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

180403-12-20180403_001.jpg

180403-12-20180403_003.jpg

180403-12-20180403_005.jpg

180403-12-20180403_002.jpg

セゾンアートギャラリーの流れを汲むギャラリーEUKARYOTE(ユーカリオ)にて、EUKARYOTEで全国各地の美大生から選出した4名のグループ展が開催される。

「YOUNG ARTIST EXHIBITION 2018」
■会期 :- 2018年 4月29日(日)まで
■会場 : EUKARYOTE (東京都渋谷区神宮前3-41-3)
■時間 : 12:00 - 19:00
■休廊:月曜日
■Opening Party : 3月30日 (金) 18:00 - 20:00

デジタルネイティブ世代が表現する現代のリアリティとは

会期は4月29日(日)まで。ワタリウム美術館の向かいに誕生したギャラリーEUKARYOTEにて、全国各地の美大生から選出した4名のグループ展「YOUNG ARTIST EXHIBITION 2018」が開催される。

本展は、前身のセゾンアートギャラリーにおいて年に1度開催していた公募企画「美大生 展」を引き継ぎリニューアルしたもの。 全国各地の美大生を対象に作品発表の機会を提供し、鑑賞者との交流機会を提供することを目的に、本年度は菅原玄奨、田岡菜甫、掘至以、吉田裕亮の4名を選出し、3フロアを使ったグループ展を開催。学生ならではの情熱と豊かな個性を感じる作品が一堂に会するようだ。

デジタルネイティブ世代と言われる4名それぞれの関心や表現の間に、共通点を見出すのは難しいかもしれない。 しかし彼らの瑞々しい眼差しを追った先には、茫漠と広がる現代のリアリティが浮かび上がってくるはずだ。

菅原玄奨|Gensho SUGAHARA 1993年東京都生まれ
2018年東京造形大学大学院造形研究科修士課程彫刻専攻修了
主な個展
2017年「東京の人」 Hidevharu Fukasaku Gallery Roppongi, 東京 2016年「invisible」TAV gallery, 東京
主なグループ展
2018年「FutureArtistsTokyo ARTFAIRTOKYO」東京国際フォーラム 2017年 「群馬青年ビエンナーレ」 群馬県立近代美術館, 群馬
主な受賞歴 2018年「東京造形大学卒業制作展」ZOKEI賞 2017年「群馬青年ビエンナーレ」奨励賞

田岡菜穂|Naho TAOKA 1993年生まれ
2018年武蔵野美術大学大学大学院美術専攻油絵コース修士修了 主なグループ展
2014年 「第11回グラフィック『1_WALL』展」Guardian Garden, 東京
主な受賞歴 2018年「清須市第9回はるひ絵画トリエンナーレ」大賞 「武蔵野美術大学修了展」研究室賞 2015年「トーキョーワンダーウォール公募2015」入選 2014年 第11回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト

堀至以|Chikai HORI
1988年愛知県生まれ。 2018年金沢美術工芸大学大学院美術工芸専攻油画研究分野博士後期課 程修了。
主な個展
2018年「Painting things -規則的遊歩-」 GALLERY MIKAWAYA, 愛知 2015年「絵画の何か」 Minatomachi POTLUCK BUILDING, 愛知
主な受賞歴 2018年「清須市第9回はるひ絵画トリエンナーレ」準大賞 2017年「アートハウスおやべ現代造形展」 入選 2011年「TURNER AWARD 2011」入選

吉田裕亮|Hiroaki YOSHIDA 1994年群馬県生まれ
2018年東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業 主な個展
2016年 「OVERLAP」トーキョーワンダーサイト渋谷, 渋谷 主なグループ展
2017年「引込線2017」旧所沢市立第2学校給食センター, 埼玉
主な受賞歴 2018年「東京造形大学卒業制作展」ZOKEI賞 2015年「TURNER AWARD 2015」未来賞
「トーキョーワンダーウォール公募2015」 トーキョーワンダーウォール賞 他

INFORMATION
住所 東京都渋谷区神宮前3-41-3
営業日 12:00-19:00
定休日 月

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング