DiFa

トレンドアイテムをキープして自分のコレクションが作れるアプリ「Keep」

DiFa

日本初 "デジタル×ファッション"メディア

フォローする:

「Pinterest」に始まって、ファッションやライフスタイルの"ビジュアルディスカバリー" 系サービスの登場が後を絶たない。言葉を使った検索から、ビジュアルで検索する時代へのシフトが感じられる。

欲しいものがあらかじめ決まっている目的買いならキーワード検索することも可能だが、ウィンドウショッピング的に最近の流行りのアイテムなどをつらつら見たい場合、キーワードではそれは叶わない。なんと入力すればいいのかがわからないこともあるからだ。

2012年頃に誕生し、ディスカバリーアプリとしてGoogleとAppleともに高評価を得続けているのが、「Keep」だ。春が近づいてきた現在は、パステル色のファッションアイテムが多く並び、ただ見ているだけで楽しい気分にさせてくれる。

keep_20180405-1.png


Keepには、ファッションにとどまらず、コスメ、アクセサリー、インテリアなど、ライフスタイル全般のアイテムが並ぶ。運営側が厳選したコミュニティメンバーがアイテムをキュレーションしており、流れてくる画像に統一感があって全体的に洗練された印象を受ける。

サービス開始当初は、Pinterestや日本でいう「Sumally」のように、ウェブ上で見つけた気になるアイテムを他のユーザーに共有するソーシャルな要素があったという。しかし、現在は、個々のユーザーが欲しいものをプライベートに管理する使われ方が主流のようだ。

keep_20180405-2.png

提供:keep


アプリでは、流れてきたアイテムを右にフリックして"keep"、左にフリックして"toss"(捨てる)ことで、自分だけのキープコレクションを作ることができる。ウェブでKeepを使う場合は、ブラウザ Chromeの拡張機能をインストールすればいい。自分の気になるものや欲しいもの、またはインスピレーションを一箇所にまとめられる。

keep_20180405-3.png

提供:keep


以前は、keepしたものをアプリ内で一括購入できるワンストップショッピング機能を提供していた。ところが、オペレーションコストがかさみ、現在は商品の購入はリンク先の外部サイトで行うようにできている。

その他、Keepには、アイテムが値下げされた場合に通知してくれる機能もある。さまざまなサイトを横断的にチェックする手間を省いてくれるのは嬉しい。

Keep
https://keep.com

instagram
https://www.instagram.com/keep/

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング