豊島が東大発ベンチャー「ゼノマ」と資本業務提携、スマートアパレル開発を推進

Xenomaの製品e-skin Developer’s Kit
Xenomaの製品e-skin Developer’s Kit
画像: 豊島

 繊維専門商社の豊島が、自社の運営するCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)ファンドを通じてゼノマ(Xenoma)の第三者割当増資の引き受けを行った。また、両社はスマートアパレルの用途開発と事業開発の協力に合意した。

 ゼノマは、布状電子回路基板(PCF)と呼ばれる変形、伸縮可能な電子回路の製品化と事業化を目指す東京大学発のベンチャー企業。耐久性が高く、洗濯できるPCFを応用した同社製品e-skinは、様々な生体情報や身体各部の動きをリアルタイムに測定することができる。

 スマートアパレルはセンサーなどの情報通信技術を活用した衣類型デバイスを指し、一般の繊維素材では得られない機能を備えたアパレルの総称と言われる。フィットネスやヘルスケア分野への活用に加え、保育や介護の現場における人手不足や作業現場での安全確保など社会の課題解決も期待されている。豊島では異業種連携によりスマートアパレルの用途を開発し、プロトタイピングと機能検証を通じてアプリケーションやサービスの事業化を目指す。

■Xenoma:公式サイト