tsuhanshinbun

スクロール、3年後に売上高1千億円へ

通販新聞

日本唯一の通販市場の週刊専門紙

フォローする:

 

スクロールは、2019年3月期からスタートする3カ年の中期経営計画を公表した。ネット販売事業においては、既存事業のブランド再構築を図るほか、商品調達力を強化することで収益力を強化。化粧品・健康食品事業については、ブランド認知向上に向けたプロモーションを展開する。最終年度となる21年3月期の連結業績は、売上高が18年3月期比で60・8%増の1000億円、営業利益は同276・1%増の49億円、経常利益は同242・9%増の50億円を見込む。

同社では17年3月期から3カ年の中期経営計画を策定していたが、昨年シニア向け個人通販から撤退するなど、経営環境が大きく変化したこともあり、今期をスタートとした新たな計画を定めた。堀田守会長は新しい中期経営計画について、「最初の2年間は達成できるという確信のある予算だが、最終年度の数字は"複合通販"というコンセプトを押し進める中で、大きな飛躍を遂げる新しいビジネスが出てくることを期待して設定したものだ」と述べた。

生協事業を中心とした通販事業においては、これまで展開してきたアパレル・雑貨の拡大を図るとともに、化粧品・健康食品や医薬品など商材拡大による成長を目指す。また、旅行など体験型の"コト消費"関連サービスも提供する。

個人向け通販となるeコマース事業では、大手仮想モールで知名度の高い店舗を運営する子会社を複数抱えており、利益に直結する商品調達力を引き続き強化するほか、楽天市場など仮想モールの店舗だけではなく、自社通販サイトの売り上げ増に向けて、ブランドを再構築する。

同事業では今年、ミネルヴァ・ホールディングスを買収。5月には同社子会社のナチュラム・イーコマースと合併し、社名も「ナチュラム」に変更している。アウトドア用品専門の通販サイトを運営するナチュラムの顧客は男性が約90%。これまで女性顧客が中心だったスクロールグループにとっては新たな顧客層となるため、今後は男性向け事業も強化していく。

化粧品・健康食品の健粧品事業では、収益バランスを取りながら、ブランド認知・浸透に向けたプロモーションを実施する。すでに、ナチュラピュリファイ研究所の24hコスメは欅坂46の平手友梨奈さんを、T&Mの「TV&MOVIE」は女優の中谷美紀さんをブランドミューズに起用している。

代理店や大手小売りと連携を強化することで、配下店舗を拡大。また、オフィシャルサイトの刷新や、大手仮想モールへの出店も行う。さらには、越境ECや海外卸販売など、グループの資産を使った収益モデルを構築する。

ソリューション事業は物流拠点の拡大を計画しており、20年3月期中には新たに関東地方の物流センターが稼働する予定。越境EC関連では、新たに子会社となった成都インハナを活用してサービスを強化する。物流代行に関しては、消費者が通販サイトで購入した商品が、全国のファミリーマートで受け取れるようになるサービスも5月に開始している。

各社の業績に大きな影響を及ぼしている、配送料値上げについては「通販事業は生協による共同配送なので影響はほとんどない。eコマース事業については、顧客に値上げ分を転嫁していくことになるので、厳しい状況だ。ソリューション子会社のスクロール360では、ネット販売企業の配送を約80社受託しており、宅配会社との契約は同社が行っている。昨年12月~3月までの間にクライアントと交渉し、全社値上げを受け入れてもらった」(堀田会長)という。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング