OMOHARAREAL

石の持つ美しさを表現、ジュエリー作家 本多沙映の作品集刊行記念展が開催

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

 

180524-3-20180524_002.jpg

180524-3-20180524_003.jpg

オランダ在住のジュエリー作家・本多沙映による初作品集『EVERYBODY NEEDS A ROCK』の刊行にあわせ、神宮前のブックショップUTRECHT(ユトレヒト)にて刊行記念展が開催される。

本多沙映「EVERYBODY NEEDS A ROCK」
■会期:~6月3日(日) 12:00~20:00 月曜休み
■会場:UTRECHT(東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C)
*オープニングレセプション:5月26日(土)18:00~20:00

石が持つ"記憶"の美しさよ

オランダ在住のジュエリー作家・本多沙映による初作品集『EVERYBODY NEEDS A ROCK』をにあわせ、神宮前のブックギャラリーUTRECHTにて刊行記念展が開催される。

拡大して見ると遠い惑星の衛星写真のような不可思議さと美しさを持つが、本書に収められているのは、すべて本多の手で作られた人工石。「アカホシ」や「バライチゴ」と名付けられた人工石の素材となるのは、道端で拾ったプラスチックごみだ。

ハワイのカミロビーチで発見されたプラスチックの欠片を含んだ新種の石からインスピレーションを得て始まったこの活動。新種の石は分解されることなく、永遠に地表に残ると言われ、人類の時を刻んできた証となるかもしれないと考えられているという。

遠い未来で、この石が人々からダイヤモンドやルビーのような貴重な鉱物として扱われるかもしれない。そんな想像を着想として、今日の記憶を含有する石たちが、制作にまつわるストーリーとともに一冊にまとめられた。

石の持つ神秘は、いつの時代も人を惹きつける。それがたとえプラスチックのごみから出来ていても、その美しさに魅了されることだろう。本作は現代の環境問題を起点としながらも、石が持つ記憶をあらわにし、また見捨てられたものから石を生成することで新しい価値を提示する画期的な作品となるはずだ。

<書籍概要>5月下旬発売予定
EVERYBODY NEEDS A ROCK
本多沙映 著
デザイン:若林亜希子
仕様:A6判変型/中綴じ2 部構成/
156P(92P+64P)
言語:日本語/英語
定価: 2,600円+税
ISBN978-4-907562-13-7 C0071
発売年: 2018
出版社: torch press

INFORMATION
住所 東京都渋谷区神宮前5-36-6ケーリーマンション2C
電話 03-6427-4041
営業日 12:00-20:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング