Image by: 資生堂

Art

ダリの作品含む香水瓶約90点を公開、資生堂アートハウスが展覧会開催

Image by: 資生堂

 資生堂アートハウスが、「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー さまざまなデザイン」展を開催する。会期は7月3日から9月2日まで。

 

 6月24日まで開催している展覧会「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー ラリックとバカラを中心に」に続く同展では、19世紀末以降に発表された香水の瓶と、1960年代から70年代にかけて国内で制作されたタピスリーを取り上げる。ルネ・ラリックを始め、彫刻家として活躍し1920年代からは香水瓶のデザインを手掛けたジュリアン・ヴィアールや、シュルレアリスムの画家として知られるサルバドール・ダリの作品など、19世紀末から約100年の間に制作された香水瓶約90点を展示。タピスリーは、京都の美術織物工房などに資生堂が依頼し、岡鹿之助や前田青邨ら作家の原画をもとに、一点物として織り上げられたものが公開される。

■「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー さまざまなデザイン」展
会期:2018年7月3日(火)~ 9月2日(日)
入場料:無料
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
夏季休館:8月13日(月)~16日(木)
会場:資生堂アートハウス
住所:静岡県掛川市下俣751-1
電話番号:0537-23-6122
公式サイト

■関連企画「学芸員によるギャラリートーク」
日時:7月21日(土)/8月4日(土)/ 8月24日(金) 各日14:00〜14:30
会場:資生堂アートハウス
参加費:無料(申込み不要)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング